ページの先頭です

事例・実績紹介

みずほ情報総研が手がけたシステムソリューション・コンサルティングの事例や、リサーチの研究成果をご紹介いたします。最近のプロジェクト実績の一覧もご確認いただけます。

みずほ情報総研が手がけたシステムソリューション・コンサルティングの事例や、リサーチの研究成果をご紹介いたします。

お客さま事例の紹介

北海道最大の金融機関、横浜銀行は、決算業務を効率化し生産性を向上させるために2016年4月から、みずほ情報総研が提供する決算帳票作成支援ソリューション「BANK-TeeQube単体決算ソリューション」を導入し活用している。

北海道最大の金融機関、北洋銀行は、決算業務を効率化し生産性を向上させるために2016年4月から、みずほ情報総研が提供する決算帳票作成支援ソリューション「BANK-TeeQube単体決算ソリューション」を導入し活用している。

瀬戸内圏内を中心とした金融グループとして今年で創業139年を迎える株式会社伊予銀行は、2017年4月より、みずほ情報総研の提供する高度稟議管理ソリューション「Systemaflow NEO」を活用した取り組みを開始した。

埼玉県鴻巣市では、みずほ情報総研の支援を受け、2011年に「レセプト・健診等データ分析システム」の開発に着手。2013年には「保健事業計画」を策定して、データ分析システムを活用したさまざまな施策を開始するなど、国のデータヘルス計画推進に先駆けた保健事業を実施している。

お客さま事例一覧

調査・研究事例の紹介


道路交通法を所管する警察庁の委託事業である本調査研究では、交通の安全と円滑を図る観点から、人工知能(AI)を活用した次世代の中核技術として注目される自動運転について、その段階的実現に向けた環境整備を図るための課題や方策を明らかにすることを目指し、検討を行いました。

本調査では、空港の滑走路等における異物検知システムの動向を調査すると共に、リニアセルシステムの技術が他の異物検知システムに対して優位性を示す事項や、異物検知に関するリニアセルシステム導入の費用対効果について検討を行いました。

みずほ情報総研は、平成28年度子ども・子育て支援推進調査研究事業の国庫補助事業として下記事業を実施しましたので、事業報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成28年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金 社会福祉推進事業」として、生活困窮者自立支援法に基づく支援のあり方の検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成28年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金 社会福祉推進事業」として、自立相談支援事業を担う人材養成を通じた相談支援の質の向上に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

調査・研究事例一覧

ページの先頭へ