ページの先頭です

特許庁 グローバル知財マネジメント人材育成推進事業

グローバル知的財産・標準化戦略に関するケース教材の開発

当社では、特許庁からの受託事業として、グローバル知財マネジメント人材育成推進事業(平成26年度~28年度)を実施しております。本事業ではグローバルな経営戦略・イノベーションの推進に際して知的財産を戦略的に活用できる人材の育成を目的として、経営幹部や経営企画部門・事業部門等のリーダーを主な対象とするグローバルな知的財産・標準化戦略に関するケース教材の開発を行いました。

概要

我が国企業を取り巻く環境は、新興国市場の成長、情報技術の革新、産業生態系の変容など、近年急速に変化しています。また、海外の先進的企業の経営戦略をみると、「市場の創出」と「シェア・収益の獲得」を両立させるオープン&クローズ戦略が主流となっています。このような中、我が国企業が新産業の形成を主導し、グローバルな競争力を高めていくためには、ビジネスモデルの構築において知的財産や標準化を効果的に活用していく必要があります。とくに、企業の経営層、事業部門や研究開発部門の経営幹部がこのような取り組みを主導していくことが重要です。

このような問題意識を踏まえて、特許庁では知的財産を経営戦略に活用できる人材の育成を目的にグローバル知財マネジメント人材育成推進事業(平成26年度~28年度)を実施し、経営幹部や経営企画部門・事業部門等のリーダーを主な対象とする、グローバルな知的財産・標準化戦略をテーマとしたケース教材の開発を行いました。

また、各年度末に、国内外から知的財産・標準化マネジメントに精通した有識者を招聘した国際シンポジウムを開催しました。

ケース教材

【平成26年度教材】

  • グローバル経営戦略
  • ソフトウェア・ICT産業における知的財産を活用した事業戦略
  • 国際標準化マネジメント
  • 国際知財交渉マネジメント
  • 中小企業におけるオープン&クローズ戦略

【平成27年度教材】

  • イノベーションマネジメント
  • オープンイノベーションの仕組みとしてのコーポレート・ベンチャリング
  • イノベーションのためのデザイン・ブランド戦略
  • イノベーションとネゴシエーション

シンポジウム開催

ページの先頭へ