ページの先頭です

環境・エネルギー分野 概要

環境・エネルギー分野では、お客さまや社会全体の課題解決のためのシンクタンクとして、「低炭素社会」、「化学物質管理」、「エネルギー」、「循環・3R」、「温暖化対策戦略」、「LCA」、「環境情報の見える化」、「社会システム」などの様々なテーマにおいて、官公庁や独立行政法人、民間企業、業界団体等、幅広いお客さまに対して、調査研究や、政策立案・制度構築の支援、CSR・環境経営戦略の推進、事業戦略の支援など多様な領域でコンサルティングサービスを展開しています。

業務領域

環境・エネルギー調査研究

最新の知見を用いた技術評価、先端的なモデル開発、社会のトレンドや変化のキーファクターの分析に基づく将来推計、シナリオ分析などを活用し、幅広い分野で調査・研究事業を実施しています。
環境・エネルギー調査研究領域の主要業務実績

環境・エネルギー政策立案・制度構築支援

我が国が抱える様々な課題を解決するための政策や、実社会でそれを具体化するための制度の構築・運営まで、持続可能で安全・安心な未来社会の実現に向けて幅広く活動しています。
環境・エネルギー政策立案・制度構築支援領域の主要業務実績

CSR・環境経営戦略支援

CSR(企業の社会的責任)や環境に配慮した経営はグローバルな価値観として確立しつつあります。中期環境計画の策定、環境関連活動指標の見える化、各種研修事業などを通じ、企業にとって不可欠となってきた環境経営戦略の立案を支援しています。
CSR・環境経営戦略支援領域の主要業務実績

環境・エネルギー事業戦略支援

環境問題が世界全体の共通課題となっている今、CO2の削減や排出権取引、エネルギー関連ビジネスなどは、企業が主力事業を展開する上で対応必須の課題であり、同時に、これからの大きな成長領域でもあります。将来の国内外の規制動向や市場環境変化の分析等を通じて、企業の成長のための事業戦略の策定を支援しています。
環境・エネルギー事業戦略支援領域の主要業務実績

主要業務実績

近年の環境・エネルギー分野各領域の主要業務実績は以下の通りです。

環境・エネルギー調査研究

リンクをクリックすると、個別事例の概要をご覧いただけます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

お問い合わせ

担当:広報室
電話:03-5281-7548

ページの先頭へ