ページの先頭です

調査・研究事例の紹介

2017年の事例

みずほ情報総研は、平成28年度子ども・子育て支援推進調査研究事業の国庫補助事業として下記事業を実施しましたので、事業報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成28年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金 社会福祉推進事業」として、生活困窮者自立支援法に基づく支援のあり方の検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成28年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金 社会福祉推進事業」として、自立相談支援事業を担う人材養成を通じた相談支援の質の向上に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課より平成28年度『「患者のための薬局ビジョン」実現のためのアクションプラン検討事業』を受託し、薬局や患者に対するアンケート調査や自治体や地域に対するヒアリング調査を行いました。

平成28年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となってい様々な課題の検討等に資する下記の事業を実施いたしましたので、事業報告書を公表いたします。

2016年の事例

本調査では、IoTや人工知能、ビッグデータ等の進展によってますます重要性を増す我が国のIT人材について、将来推計を実施し、中長期的な需給動向を明らかにするとともに、将来の人材不足の規模や人材の育成・確保に関する課題を明らかにしました。

本調査では、新たな付加価値を生み出す技術として注目を集めるAR(Augmented Reality:拡張現実)やVR(Virtual Reality:仮想現実)を提供・活用する企業の動向を把握し、AR・VR活用促進に向けた留意点等を整理しました。

本調査では、大学における営業秘密管理に関する実態を把握するとともに、過去に策定されたガイドラインの改訂の是非や方向性のほか、大学における営業秘密の適切な管理に関する啓発の在り方等についての検討結果を示しました。

本ケース教材は、特許庁からの受託事業の成果を取りまとめたものです。本事業では、グローバルな事業展開において知的財産を戦略的に活用できる人材の育成を目的として、経営幹部や経営企画部門・事業部門等のリーダーを主な対象とするグローバルな知的財産・標準化戦略に関するケース教材の開発を行いました。

みずほ情報総研は、「平成27年度生活困窮者就労準備支援事業(社会福祉推進事業)」として、平成27年4月1日から制度が施行された生活困窮者自立支援法に基づく支援のあり方検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、「平成27年度生活困窮者就労準備支援事業(社会福祉推進事業)」として、平成27年4月1日から制度が施行された生活困窮者自立支援法に基づく支援のあり方検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研は、従来から、高齢者の介護・福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、平成27年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となってい様々な課題の検討等に資する事業報告書を公表いたします。

2015年の事例

みずほ情報総研は、従来から、高齢者の介護・福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、平成26年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となってい様々な課題の検討等に資する事業報告書を公表いたします。

みずほ情報総研が厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部より受託した「平成26年度支給決定・計画作成マネジメント調査事業」の結果を公表いたします。

本調査研究は、これまで開発したアセスメントシート・プランシート等帳票類について、平成26年度のモデル事業においても使用してもらい、そのフィードバックをもとに帳票類及びその記入要領をさらに実用化に向けて改善することを目的に実施したものです。

本調査研究は、自立相談支援事業における支援の実績や対象者像、並びに支援の内容や判断基準等に関わる状況を明らかにし、今後の施策の展開方針に関する検討や相談支援技術の向上に向けた基礎資料とすることを目的としています。

みずほ情報総研が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公表いたします。

2014年の事例

平成25年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となっている介護予防の今後のあり方の検討に資する事業報告書を公表いたします。

本調査研究は、相談支援プロセスにおいて活用するアセスメントシート・プランシート等帳票類について、平成25年度モデル事業において試行使用しながらその実用化を図ると共に、記入要領及び帳票類記載見本の作成を行ったものです。

アセスメントシート・プランシート等の試行版帳票類をモデル事業において活用した結果、各自立相談支援機関において蓄積されるケースデータ(アセスメント情報等)を匿名化した形で集約し、集計分析しました。

みずほ情報総研は、厚生労働省が助成する「セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」の採択を受け、社会福祉施設職員の退職金の在り方に関する調査研究を実施いたしましたので、当該報告書を公表いたします。

みずほ情報総研が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公表いたします。

2013年の事例

平成24年度厚生労働省労働基準局委託事業「治療と職業生活の両立等の支援手法の開発(職業性がんその他悪性新生物)」の検討成果を公表いたします。

平成24年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となっている介護予防、複合型サービス、施設入所者に対する栄養ケア等の今後のあり方の検討に資する下記の6事業を実施いたしましたので、各事業報告書を公表いたします。

「平成24年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として、喫緊の政策課題となっている生活困窮者支援の今後のあり方の検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

「平成24年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として、今後の経済連携協定(EPA)に基づく介護福祉士候補者に関する人員配置基準上の取扱いのあり方を検討するための基礎情報を収集すべく、調査・研究事業を実施いたしましたので、同報告書を公表いたします。

「平成24年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として、社会的就労(中間的就労)のあり方の検討に資する調査研究事業を実施いたしましたので、調査研究報告書を公表いたします。

みずほ情報総研が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公表いたします。

2012年の事例

みずほ情報総研は、経済産業省委託事業「平成23年度企業におけるダイバーシティ推進の経営効果等に関する調査研究」において、外部有識者等により構成された研究会を立ち上げ、先進事例研究およびデータ分析からダイバーシティ推進に向けた課題および改革の方向性等について検討を行い、報告書としてまとめました。

みずほ情報総研では、厚生労働省から委託を受け、民間企業、教育機関、学生の方を対象に、高度日本人材・高度外国人材の活用・教育状況等に関するアンケート調査を実施いたしました。

みずほ情報総研が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公表いたします。

2011年の事例

APECエコノミーにおける農林水産省カウンターパート省庁及び農業・食料安全保障に関する国際機関の情報蓄積の状況、食料安全確保の検討に資する各種事項に関するアジア太平洋地域の現状及び将来見通し、APECエコノミーにおける農業政策等について調査・分析を行い、その成果を踏まえて、2011年2月に、「食料安全保障・情報プラットフォームに関するワークショップ(Workshop on Food Security and Information Platform)をみずほ情報総研にて開催。

当社において実施いたしました、平成22年度老人保健健康増進等事業による「医療依存度の高い在宅要介護高齢者を対象とした多機能化サービスのあり方に関する調査研究事業」の事業報告書を公表いたします。

2009年の事例

本調査は、厚生労働省からの委託を受け、「障害者保健福祉推進事業」の一環として実施されました。

本調査は、公金収納方法の多様化といった動きが、今後、地方自治体に広まっていくのかという問題意識のもと、その現状や地方自治体の意識を把握することを目的に実施したものである。

本調査研究はこれまで我が国及び他国・国際機関等が実施してきた食料・農業・農村分野の援助について、地球的規模の問題に対する効果を検証し、調査対象国の援助ニーズへの対応を検討すると共に、社会経済の発展や地域特性に応じ、かつ環境等にも配慮した調査対象地域における効果的な援助実施方針を明らかにすることを目的としている。

2007年の事例

財団法人機械システム振興協会から委託を受け、自動車補修部品としてのリビルト部品・リユース部品のリサイクル促進に寄与することを目的として、当該分野における洗浄の現状・課題を把握した上で、適切と考えられる洗浄技術を整理しました。特に洗浄が困難な部品・汚れについては洗浄試験を実施し、課題解決の可能性や今後必要となる洗浄技術について技術開発課題を検討しました。

効率的、効果的な環境対策を講ずるためには、化学物質それぞれのリスク(毒性×暴露量)をもとに、重要度や優先度の順位を決めていく必要があります。本調査では、国立環境研究所、循環型社会形成・廃棄物研究センターの井上雄三室長の指導のもと、循環・廃棄物過程に着目して、優先的に対策を講じる物質を決定するための「循環・廃棄物分野における化学物質のプライオリティリスト」を作成しました。

ページの先頭へ