ページの先頭です

平成26年度老人保健健康増進等事業の事業報告書

厚生労働省では高齢者の介護、介護予防、生活支援、老人保健及び健康増進等に関わる先駆的、試行的な事業等に対し、老人保健健康増進等事業として助成を行っています。

当社は、従来から、高齢者の介護・福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、平成26年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となってい様々な課題の検討等に資する下記の事業を実施いたしましたので、事業報告書を公表いたします。

特別養護老人ホームの経営のあり方と支援に関する調査研究事業

介護老人保健施設等から在宅復帰した者への療養支援に関する調査研究事業

介護費用の伸びの定量的な分析に関する調査研究事業


  • *集計結果についてはお問合せ下さい。
  1. *1集計対象データは、厚生労働省「介護給付費実態調査」個票データ。厚生労働省に対して目的外利用申請を行い、その承認を得たもの。
  2. *2今回集計を行った個票データには、当該個票データの目的外使用について、データ提供不可とされている保険者のデータが含まれていない。そのため、厚生労働省が「介護給付費実態調査」の結果として公表している値とは集計値が異なる点に注意が必要である。

第2期介護給付適正化計画の検証及び第3期介護給付適正化計画の指針の策定並びに運用のあり方に関する調査研究事業

地域包括ケアシステムにおける薬局・薬剤師による薬学的管理及び在宅服薬支援の向上及び効率化のための調査研究事業

介護サービス事業者等の海外進出の促進に関する調査研究事業

関連情報

みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)では、平成26年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)の国庫補助の内示を受け、平成27年3月31日までの期間に6事業を実施することとなりました。

平成25年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となっている介護予防の今後のあり方の検討等に資する事業を実施いたしましたので、事業報告書を公表いたします。

平成24年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となっている介護予防、複合型サービス、施設入所者に対する栄養ケア等の今後のあり方の検討に資する6事業を実施いたしましたので、各事業報告書を公表いたします。

みずほ情報総研株式会社では、平成24年度老人保健健康増進等事業の国庫補助の内示を受け、2013年3月31日までの期間に5事業を実施することとなりました。

みずほ情報総研株式会社において実施いたしました、平成22年度老人保健健康増進等事業による「医療依存度の高い在宅要介護高齢者を対象とした多機能化サービスのあり方に関する調査研究事業」の事業報告書を公表いたします。

ページの先頭へ