ページの先頭です

教育

次世代育成支援を推進しています。

横浜市立南中学校で「システム関係の仕事について」の職業講話を実施

2017年11月9日、みずほ情報総研の社員が神奈川県の横浜市立南中学校で1年生を対象に職業講話を行いました。

本講話は、自分の将来について関心をもち、適切な進路選択をするための第一歩として、同中学校で行われているものです。当日は動物園や建設業など職業についての講話が行われました。

当社からは経営・ITコンサルティング部の吉川シニアマネジャーが「システム関係の仕事」をテーマとして、インターネット上の通販サイトを例に“倉庫で品物を整理しなくてもよい工夫”について紹介をしました。

そして、この事例をもとにコンピュータとそれを使う人の動きの両方を含めて“うまくいく手順”を工夫するのが、“システムコンサルタント”である講師の役割であることを説明しました。

2017年11月写真1

22017年11月写真2

横浜市立舞岡中学校で「コンピュータ関連の仕事」の職業講話を実施

2017年9月22日、みずほ情報総研の社員が神奈川県の横浜市立舞岡中学校で1年生を対象に職業講話を行いました。

本講話は、生徒たちが興味を持つ職業の話を通じて仕事への理解を深め、生徒達自身が進路を考えるために同中学校で行われているものです。当日は化粧品開発やテレビ番組製作など様々な職業について講話が行われました。

当社からは共通インフラ事業部第1部の吉田次長が「コンピュータ関連のお仕事」を紹介しました。講話では、システムエンジニアが“チームで議論を重ねながら働く様子”を伝えるため、論理的な思考や多面的な視点による確認など、講師自身の行動や考え方についてお話ししました。

生徒の皆さんには「プログラムを書く人」というイメージがあったためか、たくさんの人と相談しながらコンピュータで実現することを決めていくという講師の日常について、一生懸命メモをとる姿もみられました。

2017年9月写真1

2017年9月写真2

みずほ情報総研では、今後も次世代を担うこども達の勤労観・就業観を育むための機会を提供してまいります。

ページの先頭へ