ページの先頭です

ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けた取り組み

<みずほ>は、ダイバーシティ&インクルージョンの推進により、性別や国籍に関係なく、社員一人ひとりの多様な視点や発想を、日々の業務推進や意思決定に積極的に取り入れていきます。これによって、環境変化が激しく、競争の厳しいIT業界において、お客さまの真のパートナーとしてともに歩んでいけるよう、革新性に溢れるサービスの提供、業務プロセスや働き方の改革を促進し、新たな企業価値を創造していくことを目指し、各種施策に取り組んでまいります。


当社の取り組み

<みずほ>のダイバーシティ&インクルージョン実現に向けた取り組みに加え、みずほ情報総研では以下のような施策に取り組んでいます。

女性活躍推進法に基づく行動計画

みずほ情報総研は、全社員が多様かつ柔軟な働き方を実現し、女性があらゆる階層で活躍していくための環境整備を目指して行動計画を策定し、目標に向けて取り組んでいきます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

数値目標・実績
項目 数値目標 (達成時期) 実績
女性管理職比率(*) 部長相当職 5% 2019年7月 4.5% 2018年7月
課長相当職以上 10% 8.3%
係長相当職以上 15% 14.1%
有給休暇取得率 70%以上 2018年度 76% 2017年度
男性育児休業取得率 100% 2018年度 84% 2017年度
  1. *数値目標を見直し(2018年2月15日)
    部長相当職3%→5%、課長相当職以上7%→10%、係長相当職以上12%→15%

女性社員に対するキャリア教育

ライフイベントとの向き合い方を含め、中長期的にキャリアを築くため研修を実施しています。

  • 「プレママ・プレパパセミナー」
  • 「育児休業復職者向けキャリア支援研修」
  • 「ダイバーシティ・コミュニケーションセミナー」(リーダー職階上位層および管理者層に実施)

ワークライフバランスの推進

  • 在宅勤務制度
  • 「ワークライフバランスを考える日」勉強会

情報・意識の共有と風土作り

  • 「ダイバーシティ推進セミナー」
  • 社内イントラネットでロールモデルや事例を紹介

障がい者の活躍推進

みずほ情報総研では、さまざまな障がいのある社員が各職場で活躍しています。安心して長く働き続けられる職場環境の整備に取り組んでいきます。(障がい者実雇用率:2.28%(2018年6月現在))

ページの先頭へ