ページの先頭です

メディア掲載情報

新聞、雑誌に掲載された当社関連情報の一部を掲載しています。

  • 応用地質、日本工営、みずほ銀行 八丈町をフィールドにしたスマート防災の実証試験を開始

    土砂災害をIoTセンサーが検知してアラート通知、八丈島で実証実験(日経BP 新・公民連携最前線、20/12/23), スマート防災体制の構築検討/八丈島で実証試験推進(日刊建設産業新聞、20/12/18), 応用地質、日本工営ら6者/東京・八丈町でスマート防災技術実証実験開始(日刊建設工業新聞、20/12/18), 八丈島でスマート防災/実証実験をスタート/応用地質、日本工営、みずほ銀行ら(建設通信新聞、20/12/18), 応用地質ら、八丈島で防災IoTセンサを活用したスマート防災の実証実験(マイナビニュース、20/12/18)

  • 〈みずほ〉および第一生命グループ、ヘルスケア分野でのサービス提供開始に向けた業務提携契約の締結について
    ―将来医療費予測AIを活用し、健康保険組合の医療費抑制をサポート―

    第一生命ら、ヘルスケア分野でのサービス提供開始に向け、業務提携契約を締結(保険市場TIMES、20/11/24), 将来の医療費 AI予測/来月4月からみずほ銀・第一生命が提供(日刊工業新聞、20/11/20), 第一生命グループ、ヘルスケア分野での提供開始に向けた業務提携契約を締結(新日本保険新聞、20/11/20), みずほと第一生命、健保支援で業務提携=健康増進で医療費抑制へ(時事通信ニュース、20/11/19)

  • 勤怠管理クラウドサービス「FX-Ware Web勤怠」の提供を開始

    勤怠管理クラウドサービス「FX-Ware Web勤怠」を提供開始―みずほ情報総研(HRzine、20/9/10), みずほ情報総研、勤怠管理クラウドサービス「FX-Ware Web勤怠」を提供開始(IT Leaders、20/9/7), みずほ情報総研が勤怠管理クラウド「FX-Ware Web勤怠」提供、情報を集約したTOP画面で利用者を支援(クラウドWatch、20/9/7)

  • ブロックチェーン技術を活用した「個人向けデジタル社債」の発行およびシステム基盤構築に向けた実証実験開始について

    「デジタル個人社債」へ準備/みずほFG/少額販売、ポイント付与も/20年度中の起債めざす(ニッキン、20/3/6), ブロックチェーン活用で「個人向けデジタル社債」、みずほFGが実証実験(週刊BCN+、20/2/25), みずほFGら、「個人向けデジタル社債」で実証実験(MONEYzine、20/2/25), みずほフィナンシャルグループ、ブロックチェーンを活用した「個人向けデジタル社債」の実証実験を開始(HEDGE GUIDE、20/2/24), みずほ、ブロックチェーンを活用した「個人向けデジタル社債」を計画 2020年度の商品化目指す(Cointelegtaph、20/2/21), ブロックチェーン活用の「個人向けデジタル社債」。みずほFGなど(impress Watch、20/2/21)

  • 東京都の業務効率化に向けたAI活用に関する効果検証を実施
    ―AI-OCR、音声認識技術を活用した業務のデジタル化推進を支援―

    東京都、AI-OCRと音声認識で業務をデジタル化--みずほ情報総研らと実証(ZDNET Japan、20/2/17), 東京都がAI活用の実証実験、AI-OCRによる帳簿のデータ化と音声認識による議事録作成の効果を検証(IT Leaders、20/2/17)

  • 肺がん検診におけるAI実用化に向けた共同研究を開始
    ―胸部X線検査画像の読取に活用し、肺がん検診の質向上によるがんの早期発見へ―

    みずほ情報総研―福島県立医科大、肺癌検診にAI、実用研究を開始(化学工業日報、19/8/20), 肺がん検診AI活用/福島医大、民間と開発(福島民友、19/7/30), 福島医大とみずほ情報総研/肺がん検診にAI活用/2021年度の実用化目指す(福島民報、19/7/30), AIによる肺がん検診の実用化目指す みずほ情報総研と福島県立医科大(財経新聞、19/7/30), みずほ情報総研と福島県立医大 肺がん検診へのAI活用を共同研究 (ミクスOnline、19/7/30)

  • 「Mizuho Eco Finance」の取扱開始について

    みずほ銀、企業の温暖化対策を5段階評価して融資する「みずほエコファイナンス」取り扱いへ。みずほ情報総研が評価手法開発(RIEF、19/6/28), みずほ銀、融資先の環境対応「格付け」(日本経済新聞、19/6/27)

  • みずほ情報総研、MyndYou社とパートナーシップ契約を締結
    ―AIにより高齢者の認知機能の変化を声で捉えるツールの2019年度国内実用化を目指す―

    みずほ情報総研、米スタートアップと提携 認知能力スクリーニングに関する実証実験を実施(Med IT Tech、19/5/30), みずほ情報総研、MyndYou社とパートナーシップ契約を締結(認知症ねっと、19/5/14)

  • 健康経営の取り組みに貢献する、AIを活用した感情・ストレス分析サービスの提供に向け協業を開始
    ―みずほ情報総研、村田製作所、イスラエルのThe Elegant Monkeys社が業務協力覚書を締結―

    AI活用 感情を分析/村田製 生産性改善へ実証実験(京都新聞社、19/5/17), 村田製作所など、ストレスのAI分析サービスで協業(化学工業日報、19/5/10), 健康経営でコンサル/みずほ情報総研など感情データ活用(日刊工業新聞、19/5/9), AIを活用した感情・ストレス分析サービスを開発―みずほ情報総研など3社(IT Leaders、19/5/9), みずほ情報総研ら、AI活用した感情・ストレス分析サービス提供へ(ZDNet Japan、19/5/8), みずほ、AI活用の感情・ストレス分析サービス提供に向け村田製作所らと協業(マイナビニュース、19/5/8)

  • 先進的テクノロジーを活用した音声入力システムの共同開発について
    ―〈みずほ〉のオペレーショナルエクセレンス向上に向けた取り組みを加速―

    「音声入力」を共同開発/市場部門取引で効率化/みずほとNTTコム(ニッキン、19/5/17), みずほ、電話音声で取引データ自動入力(FinAsol、19/5/1), みずほ銀行、取引情報を「電話会議」から自動入力 NTTコムと共同で開発(財経新聞、19/4/28), NTT Com、みずほ銀行など、RPA向けに「音声入力システム」を共同開発(マイナビニュース、19/4/25), みずほ銀行、音声認識とRPAで市場商品の取引データをシステムに自動入力(IT Laeders、19/4/25), 電話音声から取引情報抽出しシステム登録、みずほとNTTコムなど(日経XTECH、19/4/25)

  • みずほ情報総研、RPAツール「UiPath」の研修サービスを開始
    ―RPAに精通したコンサルタントの研修が、自社内で受講可能に―

    RPA開発支援企業に訪問研修/みずほ情報総研(日刊工業新聞、19/2/7)、みずほ情報総研、RPAツール「UiPath」の研修サービスを開始(マイナビニュース、19/1/29)、みずほ情報総研、WinActorに次いでUiPathの販売とオンサイト研修を開始(IT Leaders、19/1/28)、みずほ情報総研、RPAツール「UiPath」の開発者向けトレーニングを提供(クラウドWatch、19/1/28)

  • みずほ情報総研、ローソンと共同で「ブロックチェーンを用いた個品管理プラットフォーム」の概念実証を実施
    ―「CEATEC JAPAN 2018」(本年10月16日~19日開催)にて、本実証結果を紹介予定―

    個別管理プラットフォーム/ローソンで共同実験/みずほ情報総研(日刊工業新聞、18/10/3), ローソン、みずほ情報総研 食品流通をブロックチェーンで追跡(事業構想オンラインニュース、18/9/28), みずほ情報総研、ブロックチェーンでサプライチェーン集約のpoC(マイナビニュース、18/9/27), みずほ情報総研とローソン、ブロックチェーンを使った個別管理システムで概念実証(CNET Japan、18/9/26), ローソン、ブロックチェーンで食品の流通情報をトレースするPoCを実施(IT Leaders、18/9/26)

  • 海洋エネルギー発電の資源量を推定する「海洋エネルギーポテンシャルマップ」を公開
    ― 海洋エネルギー発電の実海域試験や事業に寄与 ―

    海洋エネルギーポテンシャルマップ公開(科学新聞、18/6/29), 波力・潮流・海流・海洋温度差発電の資源量を推定、国内の有望海域で(日経XTECH、18/6/22), 波力発電・潮流発電・海流発電・海洋温度差発電の資源量マップ、ネット公開(環境ビジネスオンライン、18/6/22), 期待の海洋エネルギー発電、日本の導入ポテンシャルマップを公開(スマートジャパン、18/6/22), みずほ情報総研など、日本の海洋エネルギー資源分布地図を公表(化学工業日報、18/6/21), 海洋エネルギー発電の資源量を推定する「海洋エネルギーポテンシャルマップ」を公開(bp-affairs、18/6/21), 「海洋エネルギーポテンシャルマップ」を一般公開(エネクトニュース、18/6/20), 海洋エネルギー発電の資源量が分かる「海洋エネルギーポテンシャルマップ」、九州大学など公開(新電力ネット、18/6/20) , 海洋エネマップ公開、潜在資源量示す/みずほ情報総研(電気新聞、18/6/20)

  • ワークフローシステム「Systemaflow」の回覧機能などを強化
    ―意思決定の迅速化とペーパーレス化により働き方改革をサポート―

    業務フロー回覧機能を高める/みずほ情報総研、組織間の合意円滑化(フジサンケイビジネスアイ、18/4/30), みずほ情報総研、ワークフロー統合管理製品の回覧機能などを強化(キーマンズネット、18/4/26), みずほ情報総研、回覧機能を強化したワークフロー統合管理製品「Systemaflow」新版(クラウドwatch、18/4/23), “回覧経路”の工夫で意思決定の迅速化が図れるソリューション-みずほ情報総研(マイナビニュース、18/4/23)

  • みずほ情報総研、RPA導入支援サービスの提供を開始
    ―<みずほ>のノウハウを活用しコンサルティングからRPA開発・保守運用まで包括的に支援―

    みずほ情報総研/RPA導入を包括支援/業務選定から保守まで/メガグループの知見活用(ニッキン、18/2/23), みずほ情報総研、RPA導入支援サービスの提供を開始、京葉銀行が導入(IT Leaders、18/2/9)

  • 企業健保向け健康改善支援サービス創出への取り組み
    ―日本医療研究開発機構「IoT等活用生活習慣病行動変容研究」事業の開始―

    IoT健康指導効果を検証(日刊工業新聞、18/2/15), 糖尿病などの改善 企業の健保を支援/ウエアラブル機器活用(フジサンケイビジネスアイ、18/1/23), 糖尿病患者にスマホを使って健康改善を指導する研究、国立国際医療研究センターらが開始(デジタルクロス、18/1/19), 糖尿病、重症化予防はIoTで(bp-Affairs、18/1/18)

  • 健康保険組合を対象としたサービス創出への取り組み
    ―協業による「ICTを活用した被扶養者向け特定保健指導事業」の実施―

    スマホで特定保健指導 エス・エム・エスなど健保組合に提供(日刊工業新聞、17/10/17), ICTを活用した特定保健指導の事業モデルを検証、エス・エム・エスとみずほ情報総研(日経デジタルヘルス、17/9/29), SMSとみずほ総研、ICTを活用した被扶養者向け特定保健指導サービス(マイナビニュース、17/9/28)

  • 『単身急増社会の希望』を発刊

    一人暮らし 安心な老後とは/「単身急増社会の希望」の著者に聞く(朝日新聞、17/6/13), この一冊:『単身急増社会の希望』藤森克彦著(週刊社会保障、17/6/5), 単身急増社会の希望 支え合う社会を構築するために/家族機能の低下を、どのように社会が支え合うのか(賃金事情、17/5/20), 短評:単身急増社会の希望 藤森克彦著(日本経済新聞、17/4/29), 孤立や介護、リスク抱え急増する単身世帯、支え合う社会に「希望」(信濃毎日新聞、17/4/25), 貧困、孤独死防ぐ支え合い/単身急増社会の希望(東京新聞、17/4/16), 話題の本:単身急増社会の希望(週刊エコノミスト、17/3/28)

  • 認知症の人に対する預貯金・財産の管理支援に関する調査結果を発表
    ―成年後見制度の利用はわずか6%。半数以上が利用意向もなく、支援者の視点を踏まえた利用促進策の検討や任意後見制度等の推進が求められる―

    成年後見制度、認知症の親族を持つ人の利用率はわずか6.4%に(マイナビニュース、17/5/22), 「成年後見制度を利用している」はわずか6.4% 「認知症の人に対する家族等による預貯金・財産の管理支援に関する調査」より(Economic News、17/5/21), 認知症の財産管理、成年後見制度利用は6.4%(読売新聞、17/5/20), 認知症の人の財産管理、成年後見利用は6% 「知っているが活用しない」は半数余り(CB news、17/5/19)

広報室03-5281-7548

ページの先頭へ