ページの先頭です

気候変動下の水・土砂災害適応策: 社会実装に向けて

気候変動下の水・土砂災害適応策: 社会実装に向けて

防災力を高めるために!

周知の通り、地球温暖化によると思われる自然災害の威力が増している、一方,それに対応すべきインフラの強靱化は、財政上の逼迫や世論の認識の遅れなどにより、大幅に遅れていると言わざるを得ない.

しかし、自然災害は待ってくれない。そこで本書は人類の叡智を結集すべく、現時点での気候変動下の水・土砂災害適応策の国内外の取り組みと動向、また新たな提案を述べ、今後の社会実装のための指針となることを目指す。

社会環境インフラに関係する読者には必携の書である。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

編著 国土文化研究所 (監修),池田 駿介 (編集),小松 利光 (編集),馬場 健司 (編集),その他
(みずほ情報総研 岡 和孝 [担当章:第5章])
発行 近代科学社
発行日 2016年12月1日
価格 4,320円(税込)
ISBN 978-4764905306

目次

第1章 気候変動と自然外力の増大
(地球温暖化の進行地球温暖化による災害外力の増大 ほか)

第2章 国土構造と社会構造の変化
(災害危険地帯の拡大と増加社会構造の変化 ほか)

第3章 適応策の基本と社会実装を支える技術
(適応策の基本体制づくりとその運営 ほか)

第4章 適応策の国内の動向・事例
(適応策の社会実装に向けて―実例からの教訓気候変動の地元学 ほか)

第5章 海外の動向・事例
(適応策・適応計画とその策定過程の概観実装化に向けた体制づくり・財源整備・人材育成 ほか)

第6章 まとめと提言

ページの先頭へ