ページの先頭です

貧困(福祉+α[10])

貧困(福祉+α[10])

グローバル経済の展開や技術革新の影響により、貧困が新しい様態をみせている。それにともない貧困研究も進化し、その把握もより緻密で、実証的になり、加えて貧困を多角的、動態的に捉えるようになってきた。

本書は、貧困問題を社会政策、社会福祉学、社会学、経済学などの研究分野から横断的に多様な方法論で接近し、貧困研究を体系的に提示する。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

著者 駒村 康平 [編著]
(みずほ情報総研 藤森 克彦 [担当章:第6章])
発行 ミネルヴァ書房
発行日 2018年2月20日
価格 2,800円(税別)
ISBN 978-4-623-08159-2

目次

第I部 貧困総論部

第1章 総論 ―本書の解題と概要―
1 本書の目的:貧困問題を社会で共有する
2 貧困をめぐる最近の動向
3 本書の概要

第2章 貧困と生存権 ―近世から近代初期における社会意識と実践―
1 憲法第二十五条以前の生存権
2 伝統的共同体における生活保障
3 近世の貧民救済
4 近代における変容と抵抗
5 近代への包摂
6 「生存権」への想像力

第3章 貧困基準 ―概念上の「絶対」と測定上の「絶対・相対」―
1 最も利用される測定上の貧困基準:OECD貧困基準
2 概念上の貧困基準
3 測定上の貧困基準と貧困尺度
4 貧困測定で明らかにされたこと・明らかにすべきこと

第4章 貧困研究の系譜
1 貧困概念とその測定手法の探求
2 貧困の「量」と「分布」の調査
3 貧困基準とライフサイクルの解明
4 エンゲル法則とエンゲル法則の逆転
5 貧困は相対的?!
6 社会的排除、現代の貧困
7 求められる貧困研究の深化

第5章 日本における貧困率の推計
1 相対的貧困基準と生活保護基準
2 日本の所得調査について
3 貧困率の国際比較
4 日本における貧困研究の課題

第II部 貧困の原因と様態

第6章 単身世帯と貧困
1 単身世帯の増加の実態と将来予測
2 単身世帯の収入や資産状況
3 勤労期における単身世帯の貧困の実態とその要因
4 高齢期における単身世帯の貧困の実態とその要因
5 単身世帯の社会的孤立
6 単身世帯の貧困への対応策

第7章 母子世帯と貧困
1 現代社会での貧困リスク
2 母子世帯の状況
3 日本の母子世帯の貧困
4 多元的な貧困
5 生活に困窮している母子世帯の特徴
6 三世代同居と貧困
7 母子世帯の貧困リスク

第8章 貧困の世代間連鎖
1 貧困の世代間連鎖研究の様相
2 貧困の世代間連鎖の国際比較
3 貧困の世代間連鎖に関する研究
4 日本における貧困の世代間連鎖に関する研究
5 生活保護経験が与える影響に関する分析
6 貧困の世代間連鎖に対する政策
7 エビデンスに基づく政策の必要性

第9章 就労と貧困
1 働いているのに貧困であること(ワーキングプア)と統計
2 ワーキングプアの定義・推計をめぐって
3 ワーキングプア問題に対する政策
4 貧困と統計:日本における課題

第10章 障害者と貧困
1 障害者の貧困の見えにくさ
2 障害者の所得の状況
3 障害者の貧困率
4 制度にかかわる統計からみる障害者の貧困
5 障害者の貧困にかかわる今後の課題

第11章 介護と貧困
1 貧困と高齢者介護
2 貧困と要介護発生率
3 貧困と要介護発生リスク
4 貧困と介護サービス利用
5 貧困と介護関連問題

第12章 過重債務と貧困 ―金融排除の視点からみた問題の諸相―
1 問題化した過重債務
2 金融排除の視点
3 過重債務と貧困
4 過重債務と公的貸付事業
5 金融排除を助長する政策の解明

第III部 貧困への対応

第13章 住居と貧困
1 貧困と住居の位置づけ
2 居住権からみた住宅の条件
3 住居の意味と役割
4 住居と健康
5 保障されるべき住居の水準
6 「住宅困窮」の尺度
7 住宅市場から排除される人々
8 社会福祉施設の現状
9 住宅セーフティネット

第14章 貧困と地方自治体の取組み
1 生活困窮者支援の新たな動き
2 「よい支援(good practice)」とは何か
3 生活困窮者支援における承認概念の価値

文献案内
索引

ページの先頭へ