ページの先頭です

目視検査のコツから自動化のポイント・人工知能の導入まで

外観検査の実務とAI活用最前線

外観検査の実務とAI活用最前線

人(外観目視検査)はどこまで効率化できるのか?
機械(自動外観検査)を導入する利点と留意点は?機械ですべて検査ができるのか?
AI(画像認識や機械学習、ディープラーニング)を導入すると何が変わるのか?
様々な視点から外観検査を解説する決定版!

左右スクロールで表全体を閲覧できます

著者 情報機構 編
みずほ情報総研 橋本 大樹、玉垣 勇樹、永田 毅
[担当章:第4章 第3節 外観検査におけるAI技術とデータ処理の実務]
発行 株式会社 情報機構
発行日 2018年12月14日
価格 57,000円(税別)
ISBN 978-4-86502-164-6

目次

第1章 外観検査と品質管理、その概要と最近の動向

第2章 外観目視検査

第3章 外観検査の自動化

第4章 外観検査へのAI技術活用
第3節 外観検査におけるAI技術とデータ処理の実務

  1. 1.外観検査におけるAI技術
    1.1 外観検査においてAIに期待されるタスク
    1.2 特徴量抽出と識別器
    1.3 ディープラーニング
    1.4 カップリング学習
  2. 2.外観検査におけるデータ処理の実務
    2.1 前処理
    2.2 精度向上・チューニング
    2.3 事例解説

第5章 外観検査の適用・改良事例

ページの先頭へ