ページの先頭です

フィナンシャルエンジニアリングレポート Vol.21

「American Finance Association 2016 Annual Meeting (AFA)」参加報告

2016年5月
みずほ情報総研 金融技術開発部 柳田 真吾

1. カンファレンス概要

大会名:American Finance Association 2016 Annual Meeting (AFA)
主催者:American Economic Association
開催地:San Francisco , CA , USA
日時:2016年1月3日~ 2016年1月5日

AFAはサンフランシスコのダウンタウンにあるMarriotto marquisを会場に2016年1月3日から1月5日の間で開催された。開催期間中はあいにくの空模様であったが、サンフランシスコのダウンタウンは本カンファレンスの参加証を着用した参加者で賑わっていた。3日間で74のセッションが開かれ、251もの多岐にわたる発表が行われた。

2. 内容

以下では、聴講した発表の中からその一部を紹介する。

【High-Frequency Trading】

[Dion Bongaertsy and Mark Van Achter ” High-Frequency Trading and Market Stability”]

近年注目を浴びているHigh-Frequency Trading (高頻度取引) が市場の流動性に与える影響に関する研究。

本研究では、高頻度取引の特徴である「高速での取引発注機能」および「取引量等の実データを用いて市場動向を推定し、推定の結果をもとにリアルタイムに取引戦略を変更する機能」に着目し、下記3つのアルゴリズム取引モデルを構築、比較することで高頻度取引が市場の流動性へ与える影響を分析した。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

モデル 取引発注速度 取引戦略
[1] 高速 市場動向の推定等を行わず、初期に決めた取引戦略で取引発注を実行
[2] 低速 取引量等の実データを用いて市場動向を推定し、リアルタイムに取引戦略を変更
[3] 高速 取引量等の実データを用いて市場動向を推定し、リアルタイムに取引戦略を変更

本研究では、「OFFERとBIDの乖離幅」および「取引数量」を市場の流動性をはかる指標としている。

分析の結果、[1]のモデルにおいては、取引数量が増えることにより市場の流動性が上昇したが、[2]のモデルにおいては情報の非対称性から軽微な市場流動性の低下が発生する可能性があることを示した。

そして、まさに高頻度取引の特徴を有する[3]のモデルにおいては、取引量が増えることで市場の流動性を上昇させる可能性もある一方で、情報の非対称性が[2]のモデルと比して大きく拡大し、市場の流動性を著しく低下させる可能性があることを示した。

【Variance and Crash Risk Pricing】

[Sang Byung Seo , Jessica A. Wachter “Do rare events explain CDX tranche spreads?”]

本研究はBarro(2006)のモデルを用いた2008-2009年の金融危機時におけるCDXのトランシェの価格付けに関する研究である。Barroのモデルは、大きな負の経済的影響をもたらす事象は、稀ではあるが発生しうるということ(レア・ディザスター)を前提にした投資リターンモデルである。実際に観測される株式のリスクプレミアムが、経済学の標準的なモデルによって説明できないほど大きいという問題を説明することができるモデルとして知られている。本研究ではBarroのモデルを用いて、金融危機等のレア・ディザスターを市場がどのように評価しているかをはかる指標となるCDXの価格付けができることを示した。

【Trading in OTC Markets】

[Terrence Hendershott , Dan Li , Dmitry LivdanNorman Schürhoff ” Relationship Trading in OTC Markets”]

アメリカにおいて社債最大保有者のひとつである保険会社の債券取引データ(2001年-2014年)を使用したOTCマーケット取引に関する研究。大規模な保険会社は多数のディーラーと取引ネットワークを構築し、そのネットワークの中でベストの取引を行う一方で、小規模の保険会社は少数あるいは単一のディーラーと条件の悪い取引を強いられていることを示した。

【Pricing of Variance and Tail Risk in Derivatives Markets】

[Martijn Cremers , Andrew Fodor , David Weinbaum “Where Do Informed Traders Trade First? Option Trading Activity , News Releases , and Stock Return Predictability”]

経済ニュースリリースが株式オプショントレーダーの取引に与える影響に関する研究。

本研究では、株式オプション取引のデータと経済ニュースリリースのデータを紐づけることで、経済ニュースリリース付近の株式オプション取引の傾向を調査し、ニュースのリリース時および直前において、株式オプションの取引数量が増えることを示した。また、予定された経済ニュースリリースが無い場合において、株式オプショントレーダーがショートポジションを選好し、経済ニュースリリースが予定されている場合にはロングポジションを選好する傾向があることを示した。

【Credit Risk】

[Wenxin Du , Salil Gadgil , Michael B . Gordy , Clara Vega “Counterparty Risk and Counterparty Choice in the Credit Default Swap Market”]

CDS市場におけるカウンターパーティリスク管理に関する研究。豊富な実データを用いて、マーケット参加者がカウンターパーティリスクを「信用リスクの低いカウンターパーティと優先的に取引すること」および「参照組織との相関が高いカウンターパーティとの取引を避けること」で管理していることを示した。また、取引の清算集中に関しても分析を行っており、「カウンターパーティリスクを低減(排除)するはずである清算集中が、必ずしもCDSの価値向上に寄与しているわけではない」ということを示した。

3. 所見

AFAでは毎年金融に関する幅広い分野の発表が行われているが、2016年のAFAでは昨年までと比較して大幅にセッション数が増え、高頻度取引やカウンターパーティリスクなどの近年注目を浴びている分野の研究や金融危機時のデフォルトリスクにかかわる研究などの多岐にわたる分野の発表が行われた。

これは、金融分野の領域細分化が進んでいることを物語っており、今後もこの傾向は進んでいくと思われる。

これだけ幅広い分野の発表を聴講できるカンファレンスは貴重であり、金融関連の業務に従事する者として非常に有意義な大会であった。


  • 本レポートは当部の取引先配布資料として作成しております。本稿におけるありうる誤りはすべて筆者個人に属します。
  • レポートに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。全ての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。

関連情報

過去のフィナンシャルエンジニアリングレポート


2016年3月
マイナス金利がデリバティブ商品に及ぼす影響について
フィナンシャルエンジニアリングレポート Vol.20
2016年1月
「Quantitative Methods in Finance 2015 (QMF2015) 」参加報告
フィナンシャルエンジニアリングレポート Vol.19
ページの先頭へ