MENU

ページの先頭です

変化を創り出す人へ。Changing for the future

5分で知るみずほ情報総研 5-minutes Lecture

〈みずほ〉の
”Oneシンクタンク”の
一翼を担う。

1

<みずほ>が目指す「総合金融
コンサルティンググループ」において、
シンクタンクの役割を担う。

「みずほフィナンシャルグループ」では、銀行・信託・証券に、資産運用会社とシンクタンク各社を加えたグループ全体で最高のコンサルティング機能を発揮する「総合金融コンサルティンググループ」を目指しています。

みずほ情報総研は、<みずほ>のコンサルティング機能を結集した”Oneシンクタンク”の一翼を担い、「総合金融コンサルティンググループ」として、お客さまと社会の持続的な成長を支えます。

〈みずほ〉の”Oneシンクタンク”の一翼を担う。

その源流は、1970年初頭。

2

当社は、40年以上前より、
情報の利活用を通じて、
幅広いビジネス支援と
政策支援を目指して活動。

みずほ情報総研の歴史は、1970年代に創設された各銀行のシステム関連会社と当初よりシンクタンクとして設立された「芙蓉情報センター」まで遡ることができます。個々の会社で養われてきた、銀行システム開発はもちろんのこと、一般民間企業や官公庁で利活用されるシステム、あるいは民間企業へのコンサルティングや官公庁等への政策立案支援など、幅広いサービスとその連携を通じて、お客様への真のパートナーとなるという、これらの会社のDNAが受け継がれています。

その源流は、1970年初頭

コンサルティングと
ITの融合。

3

コンサルティングの高い専門性と
先端ITの融合による
新たな価値創造。

みずほ情報総研では、高い専門知識とノウハウを兼ね備えた4,000名を超えるプロフェッショナルたちが「コンサルティング」「システムインテグレーション」「アウトソーシング」の3つの事業を連携させながら、新たな価値を生み出し、お客さまにサービスを提供しています。

コンサルティングとITの融合。

360°の活躍フィールド。

4

生活に広く関わり、社会を支える。

みずほ情報総研は、<みずほ>のシステムを担い、金融インフラを支えるだけでなく、<みずほ>で培った技術力と業務ノウハウ、高度なコンサルティングにより、<みずほ>の顧客基盤を始めとした幅広い業界のお客さまの企業活動・企業経営を支援します。

また、社会保障、環境・エネルギー、情報通信・科学技術など、広範な領域で政策立案、研究開発に携わり、社会の課題解決と発展を支えます。

360°の活躍フィールド。

持続的な発展と
よりよい未来の創造。

5

「知の循環」を通して、
お客さまの持続的な発展をサポート。

みずほ情報総研は、ITをコアテクノロジーとして、長年<みずほ>の中で培ってきた確かな技術力を背景に、自社に留まらず世の中から広く「知(=情報・智慧)」を集め、新たな価値として再構成し提供する「知の循環」を興すことによって、お客さまの持続的な発展をサポートしています。

各分野の最先端企業や政府関連機関、みずほフィナンシャルグループ各社との協業により、お客さま、経済・社会の発展に貢献し、さらに新たな知見・ノウハウを循環させることで、お客さまとともに成長できるやりがいがここにはあるのです。

持続的な発展とよりよい未来の創造。
PAGE TOP

© 2004 Mizuho Information & Research Institute, Inc.