ページの先頭です

平成22年度東北地域中小企業知財経営基盤定着モデル支援事業

東北地域中小企業経営者・専門家向けシンポジウム
『中小企業における経営戦略と知財戦略』

東北経済産業局では、中小・ベンチャー企業に対して、知的財産・技術・経営等の専門的知見を有する支援人材の育成、またこれらの人材が連携した中小企業への総合的支援をおこない、企業経営における知的財産の定着促進に取り組んでまいりました。

これらの成果を踏まえ、本年度は、本事業3年間の最終年度として、企業の経営に貢献する知的財産活動をテーマとした「中小企業における経営戦略と知財戦略」シンポジウムを開催いたします。

(ご参考)本年度の研修事業(実施中)の案内はこちらです。

東北地域 知財戦略コンサルティング事業に係る支援先企業の募集について

東北経済産業局委託 平成22年度東北地域 中小企業知財経営基盤定着モデル支援事業(知財戦略スペシャリスト育成研修)に係る受講生の募集について

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2011年2月10日 木曜日 15時~18時(開場14時30分)
会場 TKP仙台カンファレンスセンター ホール2A
住所:〒980-0013 仙台市青葉区花京院1丁目2-3
ソララガーデン・オフィス2F
アクセス:JR仙台駅西口より徒歩3分
市営地下鉄南北線仙台駅徒歩5分
TEL:022-217-7126
参加費 無料
(ネットワーキングパーティ会費:3,500円を想定)
定員 70名(定員になり次第締め切らせていただきます)
主催 東北経済産業局
企画・運営 みずほ情報総研株式会社

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

15時00分~
15時05分
1.主催者挨拶
佐藤 薫 東北経済産業局 地域経済部 特許室長
15時05分~
15時20分
2.特許庁事業および東北地域事業紹介
(総括委員長 塚越 雅信 インクタンク・ジャパン(株)代表取締役社長)
特許庁事業の取組状況と東北地域の知財経営基盤定着モデル事業の紹介および問診票について
15時20分~
15時50分
3.基調講演
「中小企業の経営戦略と知財戦略(仮)」
(佐々木 春夫 (株)ササキコーポレーション 代表取締役会長(予定))
東北地方で精力的に自社に知財戦略を取り入れる同社の知財戦略活動の実態と活動を自律的に展開するためのポイントを紹介予定です
15時50分~
16時00分
休憩
16時00分~
16時40分
4.知財コンサルティングツール紹介
「知財戦略コンサルティングの必須ツール『問診票』の実践的活用方法」
(総括委員長 塚越 雅信 インクタンク・ジャパン(株)代表取締役社長)
(平成22年度支援人材 江口幸也 (財)山形県産業技術振興機構 産学官連携コーディネータ)
セッション前半で『問診票』の紹介をおこないます。後半では本年度実施した訪問スキルアップ研修の事例を題材とし『問診票』を活用したヒアリングの一連の流れをご紹介します
16時40分~
18時00分
5.事例紹介・参加型パネルディスカッション
「経営戦略における知的財産の意味づけ」
(モデレータ:平成22年度委員 小松道男 小松技術士事務所所長)
今年度の支援2事例についての紹介および具体事例を題材として参加型のディスカッションを実施します。経営戦略において知財がどのような目的を果たしつつあるのかを多様な視点から明らかにします
  閉会
18時30分~
20時00分
知財支援ネットワーキングパーティ
シンポジウム終了後、別会場にて交流会をおこないます(会費制、3,500円程度を想定)
  • *プログラム内容は予定です。

講師略歴

■基調講演 佐々木 春夫 氏 -株式会社ササキコーポレーション 代表取締役会長-
1963年日本大学理工学部卒業。同年佐々木農機株式会社(現 株式会社ササキコーポレーション)入社。研究部長、取締役、代表取締役副社長、代表取締役社長等を経て2010年7月代表取締役会長就任。現在に至る。 (社)日本農業機械工業会監事、農業機械公正取引協議会理事、農業機械製造業厚生年金基金理事、(社)青森県工業会理事を務める。

■事業紹介・コンサルティングツール『問診票』の紹介 塚越 雅信 氏
1988年米国ピッツバーグ大学経営大学院修士課程(MBA)を修了後、米国ボストン銀行ボストン本店(現バンク・オブ・アメリカ)に入行。数社の海外企業勤務を経て、2001年インクタンク・ジャパン株式会社を設立。特許庁全体委員会委員の他、平成21、22年の「東北地域中小企業知財経営基盤定着モデル支援事業」の総括委員長等を歴任。知財経営を軸とした企業価値の創造を自己の投資スタイルと心掛けている。

■『問診票』を活用したヒアリング方法の紹介 江口 幸也 氏
1985年東北工業大学工学部卒業、株式会社セミコンダクターズニイノ(NEC系半導体組立会社)入社。2007年(財)山形県産業技術振興機構(産学官連携CO、特許流通アシスタントAD)。2008年山形大学大学院理工学研究科(MOT専攻)卒業。現在、(財)山形県産業技術振興機構 産学官連携コーディネータ(特許流通アシスタントアドバイザー)を務める。専門は工学、技術移転、ベンチャー起業。経営的視点を重視した技術移転・産学連携を心がけている。

■事例紹介モデレータ 小松 道男 氏
小松技術士事務所所長。技術士(機械部門)。(社)日本合成樹脂技術協会理事。創成国際特許事務所顧問。(独)福島高専非常勤講師(知的財産権講座)。バイオプラスチック成形技術等に関する特許権、特許出願23件、総発明件数130件、意匠権3件、商標権1件保有。

シンポジウムの申し込みと問い合わせについて

シンポジウムのお申込みは以下の必要事項をご記入の上、2月7日月曜日17時30分までにサイト右上の申し込みボタンまたは事務局宛にファックスにてお申込みください。

ファックスの場合、件名「東北知財シンポジウム」としてください。
ファックス:03-5281-5443
(申し込み多数で定員を超えた場合に、お断りのご連絡を差し上げる場合がございます。)

当日は申し込みになられた画面印刷等をご持参いただけますとスムースに手続きが終了します。

2月8日火曜日以降のお問い合わせは、できるだけ電話をご利用ください。
ご質問のある方は、事務局までお問い合わせください。

必要事項

(1)氏名 (2)企業/団体・所属 (3)役職 (4)連絡先電話番号
(5)出席(いずれか。A.シンポジウム・ネットワーキングパーティ両方に出席 B.シンポジウムのみ出席 C.ネットワーキングパーティのみ出席)

事務局

みずほ情報総研株式会社 社会経済コンサルティング部
担当:山崎、野口、余川(よかわ)
E-mail:chizai2010@mizuho-ir.co.jp
電話 03-5281-5406(平日10時~17時30分)

事業の趣旨に関するお問い合わせ先

東北経済産業局
地域経済部 産業技術課 特許室
担当:西谷、室井、佐藤
電話:022-221-4804 ファックス:022-265-2349

ページの先頭へ