ページの先頭です

第6回 金融フォーラム(金融IT経営研究会)

拝啓 皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

現在、金融機関においては、内外の厳しい金融経済環境の下、めまぐるしく変わる経営課題に迅速に取り組む必要に迫られております。なかでも、自己資本を巡る国際的な新制度導入を踏まえた金融規制強化や、早ければ2015年にも強制適用が検討されている国際財務報告基準(IFRS)への対応は、実務に与える影響が大きいと想定されます。

今回で6回目を迎える《みずほ情報総研 金融フォーラム》では、「オペレーショナルリスク管理の高度化」、「国際財務報告基準(IFRS)の適用」をテーマに、業界をリードする有識者より ご講演いただきます。
前回(第5回)の講演では、これらの概要をテーマといたしましたが、今回はより実務に近い内容となっておりますので、皆さまの課題解決のお役立てになれば幸甚でございます。

ご多忙の折とは存じますが、お目にかかれることを心よりお待ち申し上げております。

敬具

みずほ情報総研
専務取締役 出羽 豊

概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2011年3月3日 木曜日 13時30分~18時(13時受付開始)
場所 日本工業倶楽部会館 3F大ホール 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-4-6
電話:03-3281-1711(代表)
主催 みずほ情報総研株式会社
参加料 無料
定員 100名

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時00分 開場
13時30分~
13時40分
開会のご挨拶
みずほ情報総研 専務取締役 出羽 豊
13時40分~
14時40分

オペレーショナルリスク管理の高度化に向けて
- みずほ銀行におけるCSA -

[概要]

金融業務の高度化、多様化の進展に伴って生じるオペレーショナルリスクを適切に管理するため、みずほ銀行では管理手法の高度化に取組んでおり、その一環として2009年9月末より自己資本比率算出において先進的計測手法(AMA)を採用しています。本講演では、オペレーショナルリスク管理における定性管理の柱である「CSA」について、作業フローや具体的事例も含め、ご紹介します。

[講師]

株式会社みずほ銀行
総合リスク管理部
参事役 山本 智広

[略歴]

1993年第一勧業銀行入行。2002年みずほ銀行統合リスク管理部。2010年みずほ銀行総合リスク管理部及びみずほフィナンシャルグループ総合リスク管理部を兼務。現在に至る。

  ご休憩(コーヒータイム)―10分―
14時50分~
15時50分

国際財務報告基準(IFRS)と金融商品の公正価値算定について

[概要]

国際的な会計基準のひとつである国際財務報告基準(IFRS)は、 2005年よりEU域内の上場企業に義務付けられたことを契機に、日本でも今後数年内には上場企業への強制適用が行われる予定です。
ここでは、金融機関の皆さまにとって関心の高いと思われるIFRS第9号「金融商品」の概要、考え方をお話しするとともに、公正価値算定についての対処方法について解説していきます。

[講師]

みずほ情報総研株式会社
金融技術開発部
チーフコンサルタント 片桐 友和

[略歴]

2003年、富士総合研究所入社。みずほコーポレート銀行、 みずほキャピタルマーケッツ(NY)にて市場性商品のマーケット分析、 プライシング業務に従事。2010年から公正価値算出にかかるモデル認証業務を担当。

  ご休憩(コーヒータイム)―10分―
16時00分~
17時00分

金融機関のリスク管理における数理モデルの活用
- IFRSを見据えた期限前償還モデル等の実務での活用方法について -

[概要]

金融機関においてはBIS規制対応等でリスク管理の高度化が求められております。また、未確定な部分が多いものの、昨今のIFRSに関する議論も踏まえると、保有金融商品のリスク定量化の必要性がますます高まるものと想定されます。住宅ローンを主とした銀行勘定のリスク定量化で必要となる期限前償還モデルを中心に、数理モデルの活用方法についてご紹介します。

[講師]

みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社
金融工学第一部
課長 吉田 修

[略歴]

1996年、大手邦銀入行。2004年より現職にて、主に金融機関向けリスク管理コンサルティング業務、信用リスク計測モデルやプリペイメントモデル等のリスク計測技術の開発業務に従事。

懇親会

17時00分~
18時
お飲み物と軽食をご用意しております。
セミナー講師等との懇親・ご歓談に是非ご参加ください。

お申し込み

右欄の申し込みフォームよりお申し込みください。

  • *なお、当フォーラムは、金融機関のお客さまを対象とさせていただいておりますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

担当:金融フォーラム事務局
電話:03-5281-7581

ページの先頭へ