ページの先頭です

カーボンフットプリントにも役立つ

ライフサイクルアセスメント(LCA)実践入門講座

開催概要

昨今、日用品や食品などの「CO2の見える化」の一つであるカーボンフットプリントや、そのベースとなっているライフサイクルアセスメントという手法が注目され、自社で扱う商品への適用を検討されている事業者も増えてきています。一方で、カーボンフットプリントに取り組むにあたっては、ライフサイクルアセスメントに関する専門知識が求められたり、データ収集に労力や時間がかかるといった課題も指摘されています。

このような背景のもと、特にライフサイクルアセスメントやカーボンフットプリントの「初心者を対象とした入門講座」を設けました。

本講座は、特に日用品や食品などのメーカーや卸売・小売事業者で、これまでにライフサイクルアセスメントやカーボンフットプリントに取り組んだことが無く、かつ、自らが関連するデータの収集や結果の算出を行うことが近々迫られているという事業者の方々に、是非、受講していただきたくご案内申し上げます。なお、本講座はプログラムの内容から、ご参加は民間事業者の方に限定させていただきますが、何卒、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

  • *本研修は、社団法人未踏科学技術協会主催、みずほ情報総研株式会社協力によるものです。

対象者

  • メーカー、卸売・小売等民間事業者

研修の特徴

  • LCAの基礎から判りやすくご紹介
  • 簡易なLCAソフトを使用し、算定の考え方を学び、実際に計算
  • クイズによる復習
  • 特別講師による講演と、なんでも質問会
  • 演習での時間を十分にとり、講師が丁寧に指導
  • 修了証の発行

費用

  • 初回特別価格12,000円 (通常価格25,000円)

プログラム・会場・お申し込み方法など詳細

http://www.sntt.or.jp/lcakoza/
ページの先頭へ