ページの先頭です

生産者と消費者をつなぐヒント

農商工連携フォーラム2011 in 東京

農商工連携促進法の施行から二年半が経過し、農商工連携の法認定案件は関東地域で90件を超え、着実に増えており、この動きを更に促進するためには、法認定案件にとどまらない波及効果の大きな取組が必要と考えています。その一環として、今年度、関東地域の特徴を活かした農商工連携に関する調査を実施しましたので、その成果の発表をはじめとする農商工連携フォーラムを開催致します。

本フォーラムは、これから農商工連携に取り組もうと考えている方、既に取り組んでいる方、農商工連携に関する支援に携わっている方等に対して、基調講演や事例紹介を通じて、生産者と消費者とつなぐヒントとなるような取り組みについてご紹介するものです。つきましては、農林漁業者、商工業者、農商工連携支援行っている方等の多くの皆様の参加をお待ちしております。


概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2011年2月24日 木曜日 14時~16時30分(開場13時30分)
会場 TKP東京駅日本橋ビジネスセンター 8Aホール
(東京都中央区日本橋1-3-13 日本橋中央ビル8F)
対象 農商工連携に関心の有る方
(農林漁業者、商工業者、農商工連携の支援に携わっている方等)
参加費 無料
定員 200名
主催 関東経済産業局
申込方法 右欄のお申し込みボタンをクリックして申込フォームにご記入ください。
申込締切 2011年2月22日火曜日
  • *先着順で受け付けますので、定員に達した場合はお断りすることがございます。ご了承下さい。

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

14時00分~14時05分 主催者挨拶
関東経済産業局
14時05分~14時50分 基調講演
「関東地域の特徴を生かした農商工連携について」
東京農業大学 国際食料情報学部 教授 門間敏幸 氏
14時50分~15時00分 休憩
15時00分~15時30分 農商工連携先進事例発表(1)
東京の中心で地域の物語を伝える(都市型農場展示場)~六本木農園の取組
株式会社UMARI(東京都港区) 代表取締役 古田秘馬 氏
15時30分~16時00分 農商工連携先進事例発表(2)
「食と農業のエンターテイメントを創造~ろまんちっく村の取組」
株式会社ファーマーズフォレスト(栃木県宇都宮市) 代表取締役社長 松本謙 氏
16時00分~16時30分 質疑応答
16時30分 閉会
  • *上記プログラムは予告なしに変更する場合がございます。

お問い合わせ

関東経済産業局「農商工連携フォーラム2011」事務局 田中、山﨑
みずほ情報総研株式会社 社会経済コンサルティング部内
(東京都千代田区神田錦町2-3 )
電話:03-5281-5300 ファックス: 03-5281-5443
E-mail: noshoko-renkei@mizuho-ir.co.jp

ページの先頭へ