ページの先頭です

みずほビジネスイノベーションフォーラム(GHGソリューションズ スペシャル勉強会)
これから企業はどう対応すべきか

エネルギー・環境会議をおえて

京都議定書の第一約束期間が満了を迎えようとしていますが、ポスト京都の枠組みについては期間や参加国、目標値の設定など、未決定の事項が山積しています。一方、国内では原発事故のために分断された、中長期のエネルギー・温暖化政策の再構築が検討されており、その方針と内容の確定が待たれる状況にあります。

このような状況の中、従来は温暖化対策を環境取組の重要項目として据えて人的・資本的コストを投じてきた企業においては、今後の戦略を検討しづらい状況となっているのではないでしょうか。

本セミナーでは、国内外の動向を踏まえつつ、短・中・長期の視点から、企業の経営レベルでの温暖化対策やエネルギー・環境戦略の検討の一助となる情報をご提供したいと思う次第です。

  • *定員に達したため受付を締め切らせていただきました。多数お申し込みいただき、ありがとうございました。キャンセル待ちをご希望の方は、画面右上の「お問い合わせ」ボタンよりその旨ご連絡頂ければ幸いです。

概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ エネルギー・環境会議をおえて
― これから企業はどう対応すべきか ―
日時 2012年11月8日 木曜日 13時30分~17時
場所 全日通霞ヶ関ビル8階(東京都千代田区霞ヶ関3-3-3)
参加料 無料
定員 100名程度
  • *定員に達したため受付を締め切らせていただきました。多数お申し込みいただき、ありがとうございました。
主催 みずほ情報総研株式会社

プログラム

(一部の内容を変更する場合がございます)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

12時40分 開場・受付
13時20分~
13時30分
ご挨拶(開催趣旨等)
みずほ情報総研 環境エネルギー第2部
<第一部:これからの企業の対応の方向性を考える>
13時30分~
14時10分

基調講演

東京工業大学 特命教授  柏木 孝夫 氏
「エネルギー・環境会議をおえて」(仮称)
長期的な視点から企業の対応の方向性などについてご講演いただきます(予定)

14時10分~
14時50分

講演1

経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
課長補佐 羽原 健雄 氏
「今後の省エネルギー政策の動向」(仮称)
我が国の今後の省エネルギー政策の動向についてご講演いただきます(予定)

14時50分~
15時30分

講演2

みずほ情報総研 環境エネルギー第2部
プリンシパル 瀬戸口 泰史
「これから企業はどう対応すべきか」(仮称)
短中期的視点から企業の対応方策についてお話させていただきます(予定)

15時30分~
15時45分
休憩
<第二部:企業の対応事例>
15時45分~
16時15分

講演3

キリングループオフィス株式会社 品質・環境推進部
主査 北村 茂樹 氏
「キリングループにおけるバリューチェーンCO2排出量の把握と削減事例」
キリングループにおけるバリューチェーンCO2排出量算定の取組みと具体的な削減事例についてご講演いただきます

16時15分~
16時45分

講演4

株式会社 国際協力銀行 企画・管理部門 業務企画室
審議役 三宅 真也 氏
「国際協力銀行の環境分野における取組みについて」
国際機関や他国政府などの動向を踏まえた、主に環境分野における企業の海外活動支援の取り組みについてご講演いただきます

<おわりに>
16時45分

閉会にあたり
みずほ情報総研 環境エネルギー第2部

17時

閉会

お問い合わせ

環境エネルギー第2部 GHGソリューションズ事務局
電話:03-5281-5257
E-mail:ghgsol@mizuho-ir.co.jp

関連情報

おすすめソリューション

GHGソリューションズは、地球温暖化問題に関心をお持ちの日本企業のみなさまと価値の高い情報を共有し、共に考え、ソリューションを見出して行くウェブサイトです。

環境エネルギー第2部、GHGソリューションズ事務局03-5281-5257

ページの先頭へ