ページの先頭です

「仕事と介護の両立」推進シンポジウム開催のお知らせ

開催概要

高齢化の進展に伴い介護を必要とする高齢者が増加する中、労働者自らが両親等の介護に直面する状況がみられはじめています。また、現在、介護には直面していなくとも「いつかは自分も介護をしなければならない」との漠然とした不安を持つ労働者も少なくありません。

この背景には「いつ始まり、いつ終わるか見通しが立たない」「介護が必要になっても、何をどのように行えばよいかわからない」といった、介護を取り巻く現実があることを指摘できます。

しかしながら、このような不安は「介護に関する十分な情報を入手」し、「職場において介護について上司や同僚と話し合える/相談し合える風土の醸成」が行われていれば一定程度解消できるものです。

みずほ情報総研株式会社では、神奈川県から委託を受け、神奈川県内に立地する企業・事業所の皆様を主な対象として、「『仕事と介護の両立』推進シンポジウム」を開催します。

本シンポジウムでは、「介護に関する基礎知識・ノウハウ」、「『仕事と介護の両立』に向けたポイント」等の情報について、介護に関する有識者や、実際に「仕事と介護の両立」に向けた取り組みを展開されている企業のご担当者様を交え、実践的な情報をご紹介いたします。

「仕事と介護の両立」について考える機会として、ぜひご活用ください。

主な対象者

  • 企業の経営層、人事労務担当者、従業員
    (定員200名。神奈川県外に立地する企業からのご参加も可能です。)

本シンポジウムの特徴

  • 「仕事と介護の両立」に造詣の深い学識経験者による基調講演。
  • 学識経験者と「仕事と介護の両立」に向けた取り組み展開されている企業のご担当者様、行政担当者によるパネルディスカッション。
  • 「仕事と介護の両立」に関する自社・自身の悩みを相談できる、登壇者への質疑応答の時間を設定。

費用

  • 無料(会場までの交通費のみご負担ください。)
  • 本セミナーは、神奈川県商工労働局労働部労政福祉課からの委託事業です。

日時・場所

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時: 2012年2月6日月曜日 14時30分~17時30分
場所: 横浜関内ホール
(横浜市中区住吉町4-42-1)
アクセス:
  • JR関内駅北口から徒歩約6分
  • みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩約4分
  • 横浜市営地下鉄関内駅9番出口から徒歩約3分

プログラム(予定)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

時間 プログラム内容/登壇者
14時30分~14時35分
(5分)
開会の挨拶
神奈川県 商工労働局
労働部 労政福祉課
14時35分~15時35分
(60分)
基調講演:「企業における『仕事と介護の両立』に向けて(仮)」
神奈川県立保健福祉大学
教授 太田 貞司氏
15時35分~15時55分
(20分)
「仕事と介護の両立に向けた連続セミナー・出前講座」、「企業ヒアリング・従業員 グループインタビュー」 結果報告
みずほ情報総研株式会社
コンサルタント 小曽根 由実
15時55分~16時05分
(10分)
休憩
16時05分~17時30分
(85分)
パネルディスカッション
コーディネーター:
  • 神奈川県立保健福祉大学
    教授 太田 貞司氏
パネラー:
  • 日本ユニシス株式会社 CSR推進部
    ワークライフバランス グループリーダー 小田村和江氏
  • 株式会社DNPファインケミカル 執行役員
    コーポレート本部 総務部 部長 久保田教光氏
  • 双日株式会社 人事総務部
    ダイバーシティ推進課 上級主任 長島裕子氏
  • 神奈川県 商工労働局 労働部 労政福祉課 両立支援グループ
    グループリーダー 中村有子氏

資料請求・参加申込方法

  • お申し込みは、応募書類をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、企業における「仕事と介護の両立」推進事業運営事務局ryouritsu@surece.co.jp)に電子メール、あるいはファックスにてご送信ください。受付後、順次ご連絡を差し上げます。

お問い合わせ先

お問い合わせは下記事務局にてお受けいたします。

企業における「仕事と介護の両立」推進事業運営事務局
電話:03-5834-2675
ファックス:03-5832-7103
E-mail:ryouritsu@surece.co.jp

  • *お問い合わせ窓口は、株式会社サーベイリサーチセンターに委託しております。
ページの先頭へ