ページの先頭です

海外への販路開拓支援に向けて

平成24年度中小企業支援ネットワーク強化事業 支援機関指導員等連携研修会 海外展開支援特別編

趣旨

国内の需要低迷や、取引先の海外移転が進む中で、支援機関の相談窓口でも中小企業の海外への販路開拓の相談が増えています。こうした相談において中小企業の支援者は、海外展開の課題の明確化、適切な専門家や支援策の紹介など国内とは異なる対応が求められます。

しかし、中小企業支援の現場では「中小企業に対する海外展開の支援は難しくて十分に対応できない」「海外展開の専門家にどのようにつなげば良いのかわからない」という声が聞こえます。そこで今回、中小企業の支援者向けに、中小企業の海外への販路開拓の支援に関する研修を開催することになりました。中小企業の海外展開について、「企業側」からではなく、「支援側」から考える研修は貴重な機会となりますので、奮ってご参加ください!

対象

本研修の受講対象者は近畿経済産業局の中小企業支援ネットワーク参加の支援機関の指導員等の方です。(府県中小企業支援センター、商工会、商工会議所、中小企業団体中央会、金融機関、NPOなどの指導員等)

窓口・訪問相談で中小企業に直接対応している担当者クラスで、海外への販路開拓支援に関する経験は問いません。

日時

2013年2月27日水曜日
13時30分~17時00分(3時間30分)

場所

大阪府立男女共同参画センター 4階 大会議室3

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

時間 内容
13時30分~13時40分 主催者あいさつ(近畿経済産業局)
13時40分~15時00分
(80分)
「海外展開支援と支援施策の活用」((独)中小企業基盤整備機構)
― 海外展開支援の全体像 ―
  • 中小企業の海外展開の現状
  • 中小企業の海外展開支援の概要
  • 海外展開支援メニューの紹介と効果的な活用方法
  • 質疑応答と意見交換
15時00分~15時10分 (休憩)
15時10分~16時30分
(80分)

「中小企業の海外展開への相談対応事例の紹介」(上級アドバイザー 吉川誓二氏(奈良県商工会連合会))
― 打ち込み杭の海外への販路開拓の支援 ―


奈良県の君岡鉄工(株)はリユース可能な打ち込み杭「くい丸」を自社開発し、海外への販路開拓を図ろうとしています。中小企業の海外への販路開拓には国内市場とは違って様々な課題があり、製品の特徴に合わせた進出先国の見極めや展示会出展のための体制づくりが求められます。本研修では、同社への支援を行った吉川アドバイザーの具体的な支援方法・内容、この事例から学ぶ中小企業の海外への販路開拓支援のポイントについて考えていきます。

  • 質疑応答と意見交換
16時30分~17時00分
(30分)
「中小企業支援ネットワーク強化事業の報告と今後の展開」(近畿経済産業局)

チラシ

チラシはこちらからダウンロードしてください。

申し込み方法

電子メールの場合

電子メールの件名を「研修参加申込み」とし、下記のアドレスの近畿支援ネット事務局宛に(1)氏名(ふりがな)、(2)所属・役職、(3)電話番号、(4)電子メールアドレス、(5)中小企業支援ネットワーク参加状況(参加済み、今後意向あり)を送信してください。
電子メール: kinkinet-kensyuu@mizuho-ir.co.jp

ファクシミリの場合

チラシの裏面下の申し込み欄に必要事項をご記入の上、近畿支援ネット事務局宛(下記のファクシミリ番号)に送信してください。
ファクシミリ:03-5281-5429



受講票は発行しませんので、当日は申込みになられたメールをご持参いただけますとスムースに手続きが終了します。研修前日・当日のお申し込みは、電話をご利用ください。
本研修に申し込みいただいた個人情報は、本事業の目的にのみ活用させていただきます。

お問い合わせ先

<お問合せ先 近畿支援ネットワーク事務局>
みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部 担当:竹岡、野口、吉岡、鈴木
電話:0120-066-004(フリーダイヤル 平日9時30分~17時30分)

近畿支援ネット事務局(東京)0120-066-004(フリーダイヤル)

ページの先頭へ