ページの先頭です

厚生労働省委託事業 仕事と介護の両立支援事業

仕事と介護の両立支援に関するシンポジウム―労働者が介護離職しないために―参加者募集のご案内

近年、家族の介護を行う労働者、介護を理由として退職する労働者が増えており、「仕事と介護の両立」は大きな課題となっています。特に働き盛りの40代・50代では、仕事をしながら介護を担っている労働者だけでなく、今後、いつ介護を担うことになるかわからないといった不安を感じている労働者が増えています。

企業が持続的に成長するためには、これまで育成してきた経験豊富な人材の活躍が不可欠であり、介護を行う労働者が働き続けられる環境を整備することは、企業にとって重要な経営課題と言えます。

そこで、今回、労働者が離職をせずに、仕事と介護を両立しながら働き続けることができるようにするために、実際の両立事例をもとに、企業、労働者、ケアマネジャー、自治体などが取り組むべきことの実践的アイディアを提案いたします。

著名な講師、企業の人事担当者、ケアマネジャー等から、両立支援に関する最新の情報を得ることができます。経営層ならびに人事労務担当者、介護・保健・福祉・医療関係者、労働者の方々を対象とした「仕事と介護の両立支援に関するシンポジウム」を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

募集要項

対象

  • 企業の経営層ならびに人事労務担当者
  • 介護事業者、医療関係者、自治体の保健福祉医療ご担当者
  • 仕事と介護の両立に関心のある労働者 など

費用等

  • 参加費用は無料です。

開催日時(大阪、東京の2会場で開催します。)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

地域 開催日時 会場 詳細
大阪 2014年3月4日 火曜日
15時~17時
新大阪丸ビル別館
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)
受付中
東京 2014年3月6日 木曜日
15時~17時
大手町サンケイプラザ 3階 311-312号室
(東京都千代田区大手町1-7-2)
受付中
  • お申し込みは、各会場の詳細ページからお願いいたします。

お問い合わせ先

みずほ情報総研株式会社
社会政策コンサルティング部
担当:砂川、景山、羽田、小曽根

E-mail:2013ryouritsu@mizuho-ir.co.jp
電話:03-5281-5276(月曜~金曜 10時~17時30分、土曜・日曜・祝日を除く)

「介護離職」防止のシンボルマーク募集のご案内

現在、厚生労働省では、親や家族などの介護のために、やむを得ず仕事を辞める「介護離職」を未然に防止するため、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマークを募集しています。今回、公募するシンボルマークを活用しつつ、「介護離職」を未然に防ぐための取組を普及・推進していきます。みなさまのご応募をお待ちしております。

詳細は以下のリンク先をごらんください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000033451.html

ページの先頭へ