ページの先頭です

第1回 Abaqusセミナー

Abaqusは、ダッソー・システムズ社(フランス)の汎用有限要素解析ソフトウェアであり、様々な構造解析に御活用頂くことが可能です。

本セミナーでは、Abaqusの魅力や海外での解析事例をお伝えするとともに、近年注目されております「3Dプリンタによるものづくり」におけるコンピュータシミュレーションの活用可能性を御紹介致します。

御多忙の折とは存じますが、この機会に是非ご参加下さい。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2015年7月29日 水曜日 13時30分~17時
場所 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-1
みずほ情報総研 安田シーケンスタワー2F大会議室
参加費 無料
定員 60名
主催 みずほ情報総研
共催 ダッソー・システムズ株式会社
申込方法 ページ右上の「お申し込み」ボタンから、必要事項をご記入のうえお申し込みください

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時30分~
13時40分
はじめに
13時40分~
15時15分

第1部:「Abaqusの魅力」の御紹介


「Abaqusの機能の特徴と、その魅力」
TAE 豊田 達三 様*1
【概要】
正確性や安定性の高い接触解析機能を始めとする非線形解析、陰解法と陽解法の両方のソルバを用いることができる利点、CEL(オイラー・ラグランジェ連成)による流体構造連成など、ハイエンドな汎用有限要素解析ソフトウェア「Abaqus」の魅力をお伝えします。


  • *Abaqusのテクニカルサポートを20年以上にわたり行われたAbaqusのスペシャリスト。昨年11月にダッソー・システムズ(株)を定年退職後、本年1月より弊社の技術アドバイザーとして弊社オフィスにて御指導をお願いしている。

「Abaqusの海外における最新活用事例報告」
みずほ情報総研 サイエンスソリューション部
チーフコンサルタント 小坂部 和也
【概要】
今年5月にドイツで世界規模のAbaqusユーザー会「SIMULIA COMMUNITY CONFERENCE」が開催され、100編以上の活用事例が発表されました。本カンファレンスの概要と、最新のAbaqus活用事例を御紹介します。


「The Power of Portfolio-SIMULIAソリューション製品の方向性」
ダッソー・システムズ株式会社
【概要】
Abaqusを始めとするダッソー・システムズ社のシミュレーション製品群ブランド「SIMULIA」は、進化し続けています。今後のSIMULIAソリューション製品の進化の方向性を、わかりやすく説明します。

15時15分~
15時30分
(休憩)
15時30分~
16時40分

第2部:Abaqusを活用した「新しいものづくり」の可能性


「3Dプリンタに関する動向調査結果報告」
みずほ情報総研 サイエンスソリューション部
マネジャー 岩崎 拓也
【概要】
「新しいものづくり」の手法として「3Dプリンタの活用」が注目されています。みずほ情報総研では、3Dプリンタに関する独自調査を行いましたので、その結果を報告させて頂きます。


「Abaqusによる形状最適化-3Dプリンタを活用したものづくり事例」
みずほ情報総研 サイエンスソリューション部
次長 加藤 大輔
【概要】
AbaqusならびにTosca Structureを用いた、形状最適化(トポロジー最適化)の事例を紹介し、3Dプリンタを活用した新しいものづくりにおける、コンピュータシミュレーションの活用可能性を示します。

16時40分~
17時00分

「みずほ情報総研におけるAbaqus導入・活用コンサルティングサービス」
みずほ情報総研 サイエンスソリューション部
ソリューションセールス 近藤 治


「閉会の辞」
みずほ情報総研 サイエンスソリューション部
部長 滝本 正人

(都合により内容が変更になる可能性がございます)


「Abaqus」の詳細については、こちらをご覧ください。
統合有限要素解析(FEA)ソフトウェア Abaqus
「SIMULIA」ブランド製品を用いた設計解析ソリューション

ページの先頭へ