ページの先頭です

「COP21及び大統領選を控えた北米のエネルギー・温暖化政策の動向(仮)」

「GHGソリューションズ第73回勉強会」のご案内

お客さま各位

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

GHGソリューションズの第73回勉強会を下記要領にて開催させて頂くことになりましたので、ご案内申し上げます。この機会をご利用頂きまして、講師の方との充分な意見交換ができる場をご提供したいと考えておりますので皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

各社2名までご参加頂けます。但し、一社3名以上の方にご連絡している場合もございますので、その際は大変お手数ですが、社内でご調整の上お申し込みください。

GHGソリューションズ第73回勉強会

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2015年11月13日 金曜日 10時~11時30分(受付9時30分~)
場所 みずほ情報総研 本社2階 大会議室Y231
東京都千代田区神田錦町3-1 安田シーケンスタワー(錦城学園の隣のビル)
主催 みずほ情報総研株式会社
費用 会員:無料
非会員:32,400円(税込み)
  • *お一人様につき

講演題目・講演者

左右スクロールで表全体を閲覧できます

題目

「COP21及び大統領選を控えた北米のエネルギー・温暖化政策の動向(仮)」

講師

米国 Global Policy Group, Inc.
Douglas J. Bergner氏
Ian Graig氏
(逐語通訳を用意いたします)


2020年以降の新しい温暖化対策の枠組みの合意を目指す国際会議COP21が、今年12月に、パリで開催されます。このCOP21での国際合意形成に大きな影響を与えるのが、世界の二大GHG排出国である米国と中国の交渉方針です。
今回の講演では、ワシントンDCに本拠を置くコンサルティングファーム「Global Policy Group, Inc」からDouglas J. Bergner氏、Ian Graig氏のお二人を講師として御招きし、米国政府のエネルギー・温暖化政策の枠組みを確認した上で、米国のCOP21対応戦略とCOP21における国際合意の行方についてご議論いただきます。
また、米国は来年に大統領選挙を控えています。Bergner氏とGraig氏には、来年の大統領選挙の行方と、今後の同国のエネルギー・温暖化政策の方向性についても、現地のコンサルタントならではの“読み”をお話いただく予定です。


司会 みずほ情報総研株式会社 コンサルタント 北 学

お申込方法

ご参加を希望される場合は、右上欄の「お申し込み」ボタンから必要事項をご記入のうえ、11月9日 月曜日までに送信下さい。

[ご要望欄への記入のお願い]

  • *ご質問、ご関心事項:講演内容に関して、あらかじめお尋ねしたい事項などがございましたら、事前に講師にお伝えいたしますのでお知らせ下さい。
  • *今後の希望テーマ:勉強会のテーマ選定にあたっては、皆さまの多様なご関心に沿えますよう企画を行う予定でおりますので、皆さま方からのご要望・ご提案を頂ければ幸いです。

お問い合わせ

担当:GHGソリューションズ事務局
電話:03-5281-5282

関連情報

おすすめソリューション

GHGソリューションズは、地球温暖化問題に関心をお持ちの日本企業のみなさまと価値の高い情報を共有し、共に考え、ソリューションを見出して行くウェブサイトです。

ページの先頭へ