ページの先頭です

In silico創薬へのFMO法の活用事例

MIZUHO/BioStationセミナー2016

MIZUHO/BioStationは、タンパク質などの大規模分子の量子化学計算を可能とするプログラムパッケージです。フラグメント分子軌道(FMO)法を用いることで、大規模分子の電子状態や分子間の相互作用の解析を行うことができます。

本パッケージは、計算エンジンMIZUHO/ABINIT-MPと専用可視化プログラムMIZUHO/BioStation Viewerから構成されており、FMO法による計算結果を可視化し、電子状態や相互作用を直感的に把握することが可能です。また、詳細かつ定量的な計算結果に基づき、リガンド化合物とタンパク質との相互作用を官能基単位で相互作用のタイプに応じて評価することができるため、創薬における分子設計に有用な知見を得ることができます。

今回、CBI学会2016年大会の場をお借りして、MIZUHO/BioStationについてご紹介するセミナーを開催いたします。本セミナーでは、BioStationの開発グループの研究者によりMIZUHO/BioStationの適用事例についてご紹介いただきます。また、弊社よりMIZUHO/BioStationの機能をご紹介するとともに、実際にMIZUHO/BioStationの操作を体験いただけるハンズオンも開催いたします。

大規模分子の電子状態計算や分子間の相互作用解析、FMO法やBioStationに興味のある初心者の方にも分かりやすい内容となっておりますので、ご多忙の折とは存じますが、この機会に是非ご参加下さい。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

スポンサードセッションの内容

1.タイトル

「MIZUHO/BioStationセミナー:In silico創薬へのFMO法の活用事例」

2.日時

2016年10月27日木曜日 15時30分~17時

3.場所

東京・タワーホール船堀 4階 402

4.参加費

無料(別途、CBI学会2016年大会への参加登録が必要となります。)

  • *ご希望の方には、CBI学会2016年大会に無料で参加できるご招待券をお送りさせていただきますので、その旨、ご連絡ください。

5.定員

40名

6.プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

15時30分~
16時00分
「FMO創薬コンソーシアムにおけるMIZUHO/BioStationの適用事例」
星薬科大学
薬学部 薬品物理化学教室
准教授 福澤 薫 様
【概要】
FMO創薬コンソーシアムではスーパーコンピュータ「京」を用いて多くのFMO計算を行っているが、MIZUHO/BioStationを用いたPIEDA計算も重要な位置を占めている。本講演では、FMO創薬コンソーシアムの中でのMIZUHO/BioStationの適用事例について紹介する。
16時00分~
16時30分
「MIZUHO/BioStationの機能紹介」
みずほ情報総研株式会社 サイエンスソリューション部
コンサルタント 加藤 幸一郎
【概要】
当社で提供しているMIZUHO/BioStationの相互作用解析機能についてご紹介いたします。MIZUHO/BioStationの最大の特徴は、リガンド・タンパク質系などの大規模系に対して、分子間・フラグメント間の相互作用の詳細な解析を直感的に行える点です。相互作用解析の内容と解析時の操作方法について、実例を交えご説明いたします。
16時30分~
17時00分
「MIZUHO/BioStation Viewerハンズオン」
【概要】
機能紹介にて説明した実例について、ノートPCを用いたハンズオンセミナーを開催いたします。ご自身のノートPC(Windowsのみ)にインストールしてご受講いただけるよう、セミナー終了後もご使用いただける期間限定ライセンスを発行いたします。(※ノートPCのご準備が難しい方は、予めご連絡いただければ対応いたします。)
ページの先頭へ