ページの先頭です

平成27年度経済産業省関東経済産業局事業

IoT時代の「ものづくり支援プラットフォーム」活用セミナー ―ものづくり変革と広がる中小製造業の可能性 ―

  • *本セミナーは終了いたしました。多数ご参加いただき、ありがとうございました。

世界的な潮流として、IoT、ビッグデータ、人工知能などの進展により、ビジネスの競争環境の変化・変革が進む中、特に大手製造業において、IoT/IT等の仕組みを活用し、生産の効率化やサプライチェーンの最適化に資する取り組みが一段と進められています。この流れは、今後、我が国の中小製造業でも重要な取り組みとなるものと考えられます。

この流れの中、製造業・IT企業等の中から、IoT/IT等の仕組みを活用して、ものづくりの生産性向上やサプライチェーンの最適化に資する多様なものづくり支援サービスやプラットフォームが生まれつつあります。

そこで、関東経済産業局では、IoT/IT等の進展に伴うものづくり変革に備えるため、特に中小製造業に向けた「ものづくり支援プラットフォーム」の先進的な事例を紹介する以下のセミナーを開催します。第4次産業革命がもたらすものづくり変革の方向性について知りたい方、プラットフォームビジネスにご興味のある方のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時 2016年10月25日 火曜日 14時~17時(受付開始 13時30分)
会場 AP秋葉原 会議室H
東京都台東区秋葉原1-1 秋葉原ビジネスセンター4F
定員 90名(事前申込制)
対象者 中小製造業、中小IT企業の方
参加費 無料
主催 経済産業省 関東経済産業局
事務局 みずほ情報総研

プログラム

14時00分~ 主催者挨拶
14時10分~ 基調講演
「第4次産業革命インダストリー4.0と今後の中小ものづくり企業の可能性」
川野 俊充 氏(ベッコフオートメーション株式会社 代表取締役社長)
15時00分~ ものづくり支援プラットフォーム事例
「3Dプリントを活用したデジタルものづくりプラットフォーム『Rinkak』」
稲田 雅彦 氏(株式会社カブク 代表取締役社長)
「面倒な物流業務をもっと効率的に。物流業務を簡単にアウトソーシングできる『オープンロジ』の紹介」
伊藤 秀嗣 氏(株式会社オープンロジ 代表取締役)
16時10分~ 名刺交換会

お問い合わせ

ものづくり支援プラットフォームセミナー事務局
みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部
担当:武井、西村
電話:03-5281-5492

ページの先頭へ