ページの先頭です

平成27年度 厚生労働省 老人保健健康増進等事業
「認知症の人の視点に立って認知症への社会の理解を深めるための普及啓発に関する調査研究事業」

「認知症の私と輝く」大賞発表フォーラム開催のお知らせとお申込み方法のご案内

このフォーラムは、自分らしくイキイキ暮らす認知症のご本人の生き方と、ご本人の声に向き合い支える方々の活動を知っていただき、地域の様々な関係者が活動を始めるためのヒントを共有すること、そして、認知症への社会のとらえ方を変えるきっかけを作ることを目的としています。

自分らしく生きるご本人と、支える周囲の方々の姿を様々な面からお伝えするために、「地域づくり」と「アート」の二つの分野での活動事例をご紹介します。

開催会場・日時

左右スクロールで表全体を閲覧できます

開催会場 開催日
大手町サンケイプラザ ホール
東京都千代田区大手町1-7-2 【案内図】
2016年2月27日土曜日
13時30分~16時30分
(受付開始:13時)
  • *入場無料・事前登録制

プログラム(予定)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

内容
I.地域づくり分野 地域で自分らしく暮らす認知症のご本人と、その暮らしを支える方々の活動を、映像を活用しながらご紹介します。
【ご紹介事例】
  • ご本人自ら活動内容を議論する「本人会議」(東京都町田市)
  • ご本人の「働きたい」という想いで地域のお困りごとを解決 「SPSきずなや」(奈良県)
  • ご本人による相談活動、居場所等につなげる「おれんじドア」(宮城県仙台市)
  • 住民による見守り活動「わんわんパトロール」等(岩手県矢巾町)
  • 図書館 元気はいたつ便(愛知県田原市)
II.アート分野 認知症の方の趣味活動など、自分らしく楽しんでいるご本人のアート活動の成果をご紹介します。
【ご紹介事例】
  • ご本人の趣味活動の成果(写真、書道、楽器演奏 他)
III.パネルディスカッション ご紹介事例の関係者を交えて、認知症の方を含む全ての住民にやさしい、これからの地域づくりについて語り合います。
【登壇者(予定)】
  • パネリスト
写真1
国際医療福祉大学
大学院 教授
堀田 聰子 氏
写真2
認知症介護研究・研修
東京センター 研究部長
永田 久美子 氏
写真3
国際大学グローバル・
コミュニケーション・センター
准教授 庄司 昌彦 氏
  • コーディネーター
写真4
福祉ジャーナリスト
町永 俊雄 氏

お申し込み

【お問い合わせ先】
「認知症の私と輝く」大賞フォーラム 受付・問合せ事務局
担当:荻野・内野・中村
電話:0120-38-7480(受付時間:平日・土日・祝日 9時~18時)
ファックス:0120-98-4477
E-mail:watashi.kagayaku@medacapictures.co.jp

【お申込み方法】
下記のいずれかの方法でお申し込みください。
なお、お申込みの受付は先着順とさせていただきます。定員を超えた場合にはご連絡を差し上げる場合がございます。

1.お電話でお申込みの場合

上記お申込み先にお掛けの上、お名前とご連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレス)をお伝えください。

2.ファックス申込フォームに必要事項をご記入の上、上記申込み先にお送りください。

ファックス申込フォームに必要事項をご記入の上、上記申込み先にお送りください。

3.電子メールでお申込みの場合

メール本文にお名前とご連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレス)をご記入の上、上記申込み先にお送りください。


  • *全体に関するご質問は、以下の事務局までお問い合わせください。

「認知症の人の視点に立って認知症への社会の理解を深めるための普及啓発に関する調査研究事業」 事務局
みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当:齊堂、山本、佐藤
電話:0120-825-571

ページの先頭へ