ページの先頭です

環境省委託事業 平成28年度サプライチェーンにおける温室効果ガス排出量等算定方法調査委託業務

サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー

みずほ情報総研では、環境省より受託しました「平成28年度サプライチェーンにおける温室効果ガス排出量等算定方法調査委託業務」において、事例収集、情報発信を行うとともに、更なるサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量の把握や管理を促進するための手法等について検討を実施しております。

1. 背景

温室効果ガス削減に向けた取組として、GHGプロトコル「スコープ3基準」など、サプライチェーンにおける事業者の排出量の把握・管理や情報開示の動きが世界的に活発化してきており、今後ますます、その必要性が高まるものと考えられます。この度、その一環として、事業者のサプライチェーン排出量算定結果の活用やサプライヤー連携を推進することを目的に、「サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー」を開催いたします。

2. セミナーの概要

サプライチェーン排出量の算定の関わり度合によって、Part1、Part2の2回に分けて実施いたします。Part1は、サプライチェーン排出量の算定に関して今後取組予定の担当者や、取組みたいと思っているものの算定に関する課題を抱えている担当者を対象とし、サプライチェーン排出量算定の考え方や算定ツールの紹介、民間企業の事例紹介いたします。Part2は、サプライチェーン排出量を算定済、もしくは現在算定を検討中の企業で、算定結果の活用やサプライヤー連携に課題を感じている環境担当者を対象とし、事務局によるサプライチェーン排出量の活用についての紹介、民間企業による事例紹介、CDP事務局による投資家からの視点等について紹介いたします。

3. 開催日程・会場・応募締切など

「サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー」はサプライチェーン排出量の算定の関わり方の度合いによって、Part1、Part2の2回に分けて実施いたします。各々別のプログラムとなっており、両方のセミナーにご参加いただくことも可能です。

  • *プログラムは都合により変更することがございますので、あらかじめご了承ください。

(1)サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー Part1

Part1は、サプライチェーン排出量の算定に関して今後取組予定の担当者や、取組みたいと思っているものの算定に関する課題を抱えている担当者を対象としたセミナーです。

事務局より、サプライチェーン排出量算定の考え方や、当事業のウェブサイトに掲載中の算定ツールについて説明いたします。民間企業より、Scope3の算定方法や、算定結果の活用についてご紹介いただきます。

  • *セミナー終了後、サプライチェーン排出量のガイドラインに沿って、算定方法などについて「個別相談会」を実施します。(事前予約制による希望者のみ、1事業者10分程度、17時まで)ご活用ください。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日程 2016年9月14日水曜日 14時~16時(開場13時30分)
会場 イイノホール&カンファレンスセンター 4階 RoomB1+2+3
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
定員 150名
申込受付 2016年9月9日金曜日 17時締切

左右スクロールで表全体を閲覧できます

講演テーマ 講演者
開会あいさつ 環境省
サプライチェーン排出量算定の考え方 事務局(みずほ情報総研株式会社)
民間企業による事例紹介(1) 株式会社丸井グループ
民間企業による事例紹介(2) 株式会社明電舎
民間企業による事例紹介(3) 日本ハム株式会社
サプライチェーン排出量の算定ツールのご紹介 事務局(みずほ情報総研株式会社)
個別相談会(*上記ご参照)

(2)サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー Part2

Part2は、サプライチェーン排出量を算定済、もしくは現在算定を検討中の企業で、算定結果の活用やサプライヤー連携に課題を感じている環境担当者を対象としたセミナーです。

事務局より、昨年度当事業の支援の報告を交え、具体的な活用事例を紹介いたします。民間企業より、Scope3算定結果の活用の他、環境と経営に結び付けるヒントをご紹介いただきます。CDP事務局より、投資家からの視点等についてご紹介いたします。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日程 2016年10月18日火曜日 14時~16時(開場13時30分)
会場 イイノホール&カンファレンスセンター 4階 RoomB1+2+3
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
定員 150名
申込受付 2016年10月13日木曜日 17時締切

左右スクロールで表全体を閲覧できます

講演テーマ 講演者
開会あいさつ 環境省
サプライチェーン排出量の活用について 事務局(みずほ情報総研株式会社)
民間企業による事例紹介(1) 日産自動車株式会社
民間企業による事例紹介(2) 日本電気株式会社
サプライヤー連携の動向と重要性 CDP事務局
閉会のあいさつ 事務局(みずほ情報総研株式会社)

主催

環境省

  • *本セミナーは、環境省地球環境局地球温暖化対策課からの委託により、みずほ情報総研株式会社を事務局として実施致します。

4. 参加申込

参加料無料、事前申し込み制となっております。参加を希望される方は、電子メールでお申込みください。

  • *お申込みは先着順での受付とさせて頂きます。申込数が各会場の定員を超えた場合は、ご参加をお断りする場合もございますので、予めご了承ください。

お申込みの際には、件名に「サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー参加希望」と明記し、以下の申込記載事項を記入の上、お申込みください。

  • *お電話でのお申込みはお受けできませんのでご了承ください。

Part1、Part2の両方にご参加される方や、Part1の個別相談会をご希望の方は、同時にお申込みください。両方ご参加される方は、応募締切が各回で違いますのでご留意ください。

Part1の「個別相談会」は、先着順で早い時間より登録いたします。枠に限りがございますので、ご了承ください。

申込記載事項

  • 住所
  • 氏名
  • 所属(勤務先)
  • 電話番号
  • 参加希望セミナーの開催日
  • 参加券の送付先(電子メールアドレス)

5. お問い合わせ

サプライチェーン排出量算定事務局
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部 環境エネルギー政策チーム
担当:樋口、谷
電話:03-5281-5329

6. 関連情報

関連Webページ
グリーン・バリューチェーンプラットフォーム

7. 参考

環境省報道発表資料
「サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー」の参加事業者の募集について(お知らせ)

ページの先頭へ