ページの先頭です

「J-クレジットが再生可能エネルギー証書に ―J-クレジットの新運用解説―」

「GHGソリューションズ第81回勉強会」のご案内

GHGソリューションズの第81回勉強会を下記要領にて開催させていただくことになりましたので、ご案内いたします。この機会をご利用いただきまして、講師の方との充分な意見交換ができる場をご提供したいと考えておりますので皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2017年6月20日 火曜日 14時~15時30分(受付13時30分~)
場所 みずほ情報総研 大会議室Y231
東京都千代田区神田錦町3-1 安田シーケンスタワー(錦城学園の隣のビル)
案内図
費用 会員:無料
非会員:32,400円(税込み)
* お一人様につき
特記事項 各社2名までご参加いただけます。社内にてご調整のうえお申し込みください
主催 みずほ情報総研

講演題目・講演者

左右スクロールで表全体を閲覧できます

題目

「J-クレジットが再生可能エネルギー証書に ―J-クレジットの新運用解説―」

講師

みずほ情報総研
環境エネルギー第2部 コンサルタント 高浜 慎太郎

概要

「2℃目標」を掲げたパリ協定の発効以降、CO2排出量の大幅削減を実現する手法として、再生可能エネルギー電力(以降、再エネ電力)の利用に大きな注目が集まっています。「再生可能エネルギー証書」(以降、再エネ証書)の購入は、そうした再エネ電力の利用手段の一つであり、CDPによって正式な再エネ電力の調達手法として認められて以降、国際的にもその発行・調達の動きが活発化しています。

しかし、我が国はやや異なる状況に置かれています。最近話題の「非化石証書」は再エネ証書の一つですが、取引は始まっておらず、また小売電気事業者しか購入できません。需要家企業が直接購入できる唯一の証書として「グリーン電力証書」が存在しますが、FIT制度の導入以降、様々な理由から認証量は頭打ちとなっています。企業にとって、再エネ証書の選択肢は、非常に限られた状態にあったのです。

こうした中、我が国にも、新しい再エネ証書が誕生しました。今春、再エネ発電由来のJ-クレジットが、再エネ証書としても活用できることとなったのです。需要家側の企業にとっては、自身のCO2排出量(スコープ2)削減のための再エネ証書の選択肢が増えたことになります。

今回の勉強会では、今般再エネ証書としても活用できることになった「再エネJ-クレジット」について、その背景や他の証書との違い、今後の利活用の可能性についてご紹介いたします。具体的な調達方法や、再エネ証書として利用した場合のCDP回答への反映方法等の実務についても、そのポイントをお伝えする予定です。

司会 みずほ情報総研 シニアコンサルタント 柴田 昌彦

お申込方法

参加ご希望の場合は、6月13日火曜日までにお申し込みください。

  • GHGソリューションズ会員は、会員向けウェブページからお申し込み
  • 非会員の方は、GHGソリューションズ事務局(本ページ右上ご参照)にお問合せのうえお申し込み
  • *資料やお席の準備の都合がございますので、必ずお申し込みのうえご参加ください

関連情報

おすすめソリューション

GHGソリューションズは、地球温暖化問題に関心をお持ちの日本企業のみなさまと価値の高い情報を共有し、共に考え、ソリューションを見出して行くウェブサイトです。

ページの先頭へ