ページの先頭です

グローバル企業の再エネ調達戦略

「GHGソリューションズ第82回勉強会」のご案内

GHGソリューションズの第82回勉強会を下記要領にて開催させていただくことになりましたので、ご案内いたします。この機会をご利用いただきまして、講師の方との充分な意見交換ができる場をご提供したいと考えておりますので皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2017年9月29日 金曜日 15時~16時30分(受付14時30分~)
場所 みずほ情報総研 大会議室Y231
東京都千代田区神田錦町3-1 安田シーケンスタワー(錦城学園の隣のビル)
案内図
費用 会員:無料
非会員:32,400円(税込み)
* お一人様につき
特記事項 各社2名までご参加いただけます。社内にてご調整のうえお申し込みください
主催 みずほ情報総研

講演題目・講演者

左右スクロールで表全体を閲覧できます

題目 「グローバル企業の再エネ調達戦略」
―実例に基づく戦略俯瞰―
講師 みずほ情報総研
環境エネルギー第2部 シニアコンサルタント 柴田 昌彦
概要

「2℃目標」を掲げたパリ協定の発効以降、温室効果ガスの削減手法として、再生可能エネルギー電力(以降、再エネ電力)は益々注目されています。しかし、再エネ電力は一般的に高価であり、その大量導入は現実的ではないとする考え方が我が国では一般的です。一方、海外では、再エネ電力を大胆に導入し、CO2排出量を大きく削減することをコミットする先進企業事例が目に付くようになってきました。

今回の勉強会では、海外先進企業を題材として、これら企業の再エネ電力の大規模導入の見通しを分析します。彼らが発表する大規模な再エネ電力導入のコミットの裏には、どのような戦略や勝算があるのでしょうか。それを考えていきます。

なお、今回ご紹介する海外先進企業事例は、「日経エコロジー」誌上における弊社の連載寄稿「グローバル企業の温暖化対策」で取り上げた6社が中心となります。同連載では、毎回対象を1社に絞り、対象企業の再エネ電力の調達戦略を掘り下げましたが、今回の勉強会では、こうした個社分析に加え、各社の横並び分析も行う予定です。業種も立地地域も異なる各社にあって、共通する点は何か、また相違点はどこかを議論します。

司会 みずほ情報総研 チーフコンサルタント 北 学

お申込方法

参加ご希望の場合は、9月22日金曜日までにお申し込みください。

  • GHGソリューションズ会員は、会員向けウェブページからお申し込み
  • 非会員の方は、GHGソリューションズ事務局(本ページ右上ご参照)にお問合せの上、お申し込み
  • *資料やお席の準備の都合がございますので、必ずお申し込みのうえご参加ください。

関連情報

おすすめソリューション

GHGソリューションズは、地球温暖化問題に関心をお持ちの日本企業のみなさまと価値の高い情報を共有し、共に考え、ソリューションを見出して行くウェブサイトです。

ページの先頭へ