ページの先頭です

特許庁委託事業 グローバル知財マネジメント人材育成推進事業

先進事例に学ぶグローバルイノベーション実践研修

―オープン・イノベーションとビジネスモデルの新潮流―

  • *本研修は終了いたしました。多数ご参加いただき、ありがとうございました。

みずほ情報総研では、特許庁より受託しました「グローバル知財マネジメント人材育成推進事業(平成26~28年)」において、ビジネスモデルを踏まえて知的財産・標準化を活用し、グローバルにイノベーションを主導できる人材を育成するための研修プログラムの開発を行っています。このたび、その効果等の検証を行うべく、「先進事例に学ぶグローバルイノベーション実践研修 ―オープン・イノベーションとビジネスモデルの新潮流―」と題した研修を開催いたします。

IoT・人工知能・ビッグデータをはじめとする新しい技術の進展、新興国企業の台頭などに伴い、新しい産業形成の主導権を巡る競争が激しくなっています。このような競争環境のもとで日本企業が国際競争力を高めるには、従来の自前主義・垂直統合や知的財産の権利化といったイノベーションのモデルだけでは限界があります。ビジネスモデルを起点として、知的財産の権利化だけでなく秘匿化、標準化、公開等を巧みに組み合わせることで技術の普及と独占を両立させる、いわゆるオープン&クローズ戦略など新しいイノベーションが求められています。

そこで、企業経営幹部および事業部門の管理職の方々を主な対象に、近年の競争環境下においてグローバルにイノベーションを創出するために必要となる実践的な分析力・意志決定力向上を図ることを目的とする研修を開催します。本研修は一方的な講義形式ではなく、国内外の先進事例をもとに開発したケース教材を活用して、少人数グループによるディスカッションを通じて学ぶケースメソッド形式を特徴としています。

本年度の研修では、企業のニーズが高まっている「オープン・イノベーションマネジメント」「ビジネスモデルデザイン」、また、これらの戦略を実行するための「マルチパーティネゴシエーション(多数当事者交渉)」をテーマとして企画しました。

本事業の研修はこれまでも受講者から高い評価をいただいております。受講者を募集いたしますので、奮ってご応募いただきますようお願いいたします。

なお、本事業では人材育成効果の検証を目的としており、受講料は無料ですが、受講者には研修受講後の評価にご協力をいただきます。

本研修の特徴

  • ケースメソッド形式を通じてイノベーション、ビジネスモデルについて実践的な分析力・意思決定力を獲得できます
  • クラスに参加する前にeラーニングの受講により基礎知識を習得できます
  • 最先端のイノベーション・ビジネスモデルと知財・標準化に精通した講師陣(大学有識者、企業実務出身者)から学ぶことができます
  • 受講料は無料です

ケースディスカッションを中心とした研修運営
写真1

ロールプレイを通じた実践的なスキルの向上
写真2

詳細、応募要領について

本研修の詳しい内容や応募に係る手続き、シラバスは以下のファイルをご確認ください。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

No. 研修テーマ 対象者 講師/概要
1 オープン・イノベーションマネジメント 企業経営幹部、経営企画部門の管理職、事業部門の管理職など 清水 洋
一橋大学 イノベーション研究センター 准教授
オープン・イノベーションの基本について戦略と組織という2つの観点から学びます。国内外の先進事例をもとに、日本企業におけるオープン・イノベーションを学びます。
2 ビジネスモデルデザイン―入門編― 事業部門の管理職(候補者、リーダークラス含む) 妹尾 堅一郎
産学連携推進機構 理事長、一橋大学大学院商学研究科(MBA)客員教授、他
産業生態系の変容とイノベーションの動向を概観した上で、製造業のサービス化をはじめとするビジネスモデル群とそれを支える知財マネジメントについて、その基礎を学びます。
3 オープン・イノベーションとマルチパーティネゴシエーション
(※英語プログラム)
二又 俊文
東京大学 政策ビジョン研究センター 客員研究員
オープン・イノベーションを実現するための多数当事者交渉をテーマとして、コンソーシアム・標準化団体などの多数企業・異業種企業との交渉を実践的に学びます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

定員 各テーマとも15名程度
受講料 無料
会場 金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス(予定)
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12階
特記事項 本事業は人材育成効果の検証を目的としております。受講者の皆さまには、研修受講後の評価にご協力をお願いいたします。
主催 特許庁
事務局 みずほ情報総研

日程、受講申し込み

研修テーマ、開催日程をご確認のうえ、申込期限までにお申し込みください。
お申し込みになる研修テーマはお間違えないようご注意ください。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

No. 研修テーマ 日程(2017年) 受講申し込み
1 オープン・イノベーションマネジメント 第1回:2月22日水曜日 18時30分~21時30分
第2回:2月27日月曜日 17時00分~21時30分
お申し込み
申込期限:1月31日
2 ビジネスモデルデザイン―入門編― 第1回:2月4日土曜日 13時00分~17時00分
第2回:2月18日土曜日 13時00分~17時00分
お申し込み
申込期限:1月16日
3 オープン・イノベーションとマルチパーティネゴシエーション
(※英語プログラム)
第1回:2月14日火曜日 13時30分~18時00分
第2回:2月20日月曜日 18時00分~21時00分
お申し込み
申込期限:1月20日
  • *No.3の研修および教材の使用言語は英語です。他の研修テーマの使用言語は日本語です。
  • *日程、会場、研修内容等は事情により変更となる場合があります。終了時刻は予定であり、若干延長する可能性があります。
  • *1テーマから受講可能です。ただし、各テーマの第1回および第2回の研修内容は異なりますので、両回とも受講いただくことが前提となります。

受講者の感想(2016年度、2015年度研修)

  • 具体的なケース教材が秀逸だと思います。自社の事例と比較して考えることで、仕事にどう活かせるかが想定しやすく助かりました。
  • 自分の考えだけではなく異なる視点からの打ち手に気づくことができ、いろいろな選択肢を見つける、見方に気づくことができました。
  • オープン&クローズ戦略を具体例でしっかりと内容を理解することができました。また、個人での考えが、グループ討議で、より広い考え方に気付くことができました。
  • 単なる座学ではなく、グループディスカッションであったこと、参加者のレベルがeラーニングによりある程度合っていたこと、講師の知識量が圧倒的で思考を深めることができたこと、により満足度が高いです。
  • ネゴシエーションのトライアルで他のチームがどのようにするのかを見て、経験できたのがよかったです。

お問い合わせ

応募要領に関するお問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部
担当:竹岡、小具
電話: 03-5281-5406

事業の趣旨に関するお問い合わせ

特許庁 総務部 企画調査課
担当:山本、宮川
電話: 03-3592-2911

ページの先頭へ