ページの先頭です

ワークショップ「LCAを活用した環境負荷可視化に係る最新の国際動向―環境フットプリントと新たなLCAデータベース国際協調の枠組(GLAD)―」開催のご案内

開催趣旨

欧州委員会が主導してきた「環境フットプリント」は、2014年に始まったパイロット事業の検討が進み、欧州委員会より2017年のパイロット事業完了と2020年以降の欧州連盟各国における活用に向けた検討の開始が報告されています。環境フットプリントは、我が国が取り組んできた地球温暖化を重視したライフサイクルアセスメント(LCA)だけでは無く、水や資源、人間健康等、温暖化以外の複数の環境影響(マルチクライテリア)を含めた評価手法であり、手法活用の特徴として、市場にある複数の製品間でLCA結果の比較を目指していることから、検討の方向性によっては、欧州市場に流通する製品へ影響が生じる可能性があります。2016年には様々な製品の市場でのコミュニケーションテストが実施されるとともに、今後の活用に向け、欧州域内の既存環境政策への適用や欧州域外のプログラム、政策との連携の動きも見られています。

他方、国連環境計画(UNEP)では、このような動きと並行し、LCAデータベース間の国際協調枠組みである「GLAD(Global LCA Data Access) 」の構築を進めています。GLADの検討には、UNEPのもと我が国を含め、欧州委員会、米国、中国など世界の13の国・地域の政府機関が運営に参加しており、主要なデータベース開発者や専門家が協力して進められています。LCAデータベースは、LCA実施に欠かせないインフラですが、GLADは、LCAを実施する上でこれまで課題であったグローバルなデータベース間の相互利用を可能にすることを目的として構築がすすめられています。

このように国際的に地球温暖化も含めた環境問題の評価に対する取組が進み、ライフサイクル視点からの評価を行うための新たなインフラ整備の枠組みが動いており、我が国でも温暖化等の国際的な環境問題への対応に向け、これまでの製品使用時や生産サイトの環境負荷低減だけではなく、ライフサイクル全体を考慮した適切な環境負荷削減技術の促進が望まれています。

経済産業省の平成28年度地球環境国際連携事業(環境負荷削減の「見える化」に関する検討事業)では、環境フットプリント、GLADについて、国際会議への出席、関係者との対話を通じて、その考え方や動向の把握を行ってきました。本ワークショップでは、事業の中で把握してきました最新の動向を紹介いたします。あわせて、国際的潮流の中、我が国で先進的にライフサイクル思考を組織の温暖化目標の戦略へ活用している事業者に、その取組内容を紹介いただきます。

なお、本ワークショプは、経済産業省「平成28年度 地球環境国際連携事業(環境負荷削減の「見える化」に関する検討事業)」の一環として、受託者であるみずほ情報総研株式会社が運営を行っております。

ワークショップ開催要項

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2017年3月13日 月曜日 13時30分~16時50分 (受付:13時00分~)
会場 全日通霞が関ビル 8階 大会議室A
東京都千代田区霞が関3丁目3番地3号
定員 150名[事前登録制]
  • *希望者多数の場合は先着順とさせて頂きます。
参加費 無料
後援 LCA日本フォーラム
運営 みずほ情報総研株式会社
参加申込 参加受付は株式会社シーエーティで行っております。
以下の外部Webサイトからお申込みください。

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

時間 内容
13時30分 開催挨拶
13時40分 開催趣旨説明
工学院大学 教授 稲葉 敦
第1部:バリューチェーンを通した環境長期目標の策定
13時45分 「日立グループ環境長期目標『日立環境イノベーション2050』について
―バリューチェーンを通した取り組み―」
株式会社日立製作所 CSR・環境戦略本部
担当本部長 高橋 和範
第2部:欧州委員会環境フットプリントの最新動向
14時10分 「「IT機器を中心としたパイロット事業の動向」
株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 環境戦略センタ
センタ長 並河 治
14時35分 「各パイロットの検討状況」
一般社団法人産業環境管理協会 LCA事業推進センター 山岸 健
15時00分 (休憩)
第3部:UNEPによる新たな国際データベース協調の枠組(GLAD)の最新動向
15時15分 「国際LCA-DBネットワーク構想GLAD 背景と今後の展開」
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部 古島 康
15時40分 「DBの国際的な相互利用に向けた課題と展望」
国立研究開発法人産業技術総合研究所 社会とLCA研究グループ
グループ長 田原 聖隆
16時05分 質疑応答
16時50分 閉会

お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社
担当:環境エネルギー第2部(古島、内田)
電話:03-5281-5329

ページの先頭へ