ページの先頭です

平成29年度内閣府「プロフェッショナル人材事業」シンポジウムのご案内

人生100年時代における大企業と社員のあり方を考える―柔軟な働き方が企業成長につながる―

わが国は、2008年より人口減少局面に入り、労働力人口の減少による働き手の不足が顕在化している一方、健康寿命の延伸により世界一の長寿社会となり、「人生100年時代」を迎えています。さらには、第四次産業革命により急激に産業構造が変化している中、いままでの「働き方」や「生き方」にも変化が求められています。

「働き方」では、職務の無限定、長時間労働、年功序列、新卒一括採用、終身雇用など、企業と人材が「強固に」結びついている「日本型雇用システム」から、生産性向上の観点も含め、「自律的なキャリア形成」、「雇用を前提としない働き方」に変革していくことが重要になると考えられます。

「プロフェッショナル人材事業」は、地域の中堅・中小企業の経営者に対し、「守りの経営」から「攻めの経営」への転換を促し、明確化した人材ニーズを発信し、都市部大企業でスキルと経験を積んだプロフェッショナル人材の採用を支援しています。事業開始から約2年で、相談件数は約19,000件、マッチングの実績も約2,000件を数え、順調に成果を上げております。本事業では、さらに、都市部大企業と連携し、地域企業と都市部大企業との間での兼業・副業や出向、研修といった形での新たな人材還流ルートの開拓に取り組んでおります。こうした取組みを通じ、大企業と柔軟な関係性を保ちながら地域企業で活躍するプロフェッショナル人材が増えつつあります。

本シンポジウムでは、大企業とそこで働く人材がゆるやかに結びついた新しい関係性の構築に向けて、企業や人材が取り組むべきことについて、大企業人事担当者による事例発表や、柔軟な働き方を実践されている方々等を交えたパネルディスカッションを通じて議論してまいります。

企業と社員の新しい関係性の構築に関心を持つ大企業人事担当者の皆さまや、この先のキャリアの築き方を考える皆さまをはじめとして、幅広い方々のご参加をお待ちしております。

※ご好評につき、満席となりました。お申し込み受付を終了いたしましたので、ご了承ください。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2017年12月13日 水曜日 14時00分~17時30分(開場13時30分)
場所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
(東京都新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル8階)
アクセス
主催 内閣府・プロフェッショナル人材戦略全国協議会
事務局 プロフェッショナル人材戦略全国協議会事務局(みずほ情報総研株式会社)

プログラム(予定)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

時間 内容
14時00分 開会
14時00分~
14時15分
内閣府挨拶
14時15分~
15時15分
基調講演
「人生100年時代を見据えた大企業人事/働き方のあり方とは」(仮)
(登壇者)
慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授 高橋 俊介氏
15時15分~
15時55分
事例発表
「大企業における新たな取組について」(仮)
(登壇者)
ソニー株式会社 人事センター EC人事部 統括部長 大塚 康氏
15時55分~
16時10分
休憩
16時10分~
17時30分
パネルディスカッション
「次なるステージに向けて大企業・人材は何をすべきか」
【ファシリテーター】
慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授 高橋 俊介氏
【パネリスト】
ソニー株式会社 人事センター EC人事部 統括部長 大塚 康氏
福井めがね工業株式会社 代表取締役社長 田畑 周徳氏
株式会社福井村田製作所 管理部 部長 畑尾 直哉氏
NPO法人二枚目の名刺 代表 廣 優樹氏
プロフェッショナル人材戦略全国協議会事務局 田中 文隆
17時30分 閉会

終了後、別室にて1時間程度で「交流会」を予定しています。

お申込み

※ご好評につき、満席となりました。お申し込み受付を終了いたしましたので、ご了承ください。

お申込み・お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当:古川、石原、木笹、松本、飯村
電話:03-5281-5276 ファックス:03-5281-5443
E-mail:pro-jinzai@mizuho-ir.co.jp

ページの先頭へ