ページの先頭です

ビジネスモデルとオープン&クローズ戦略

先進事例に学ぶグローバルイノベーション実践研修(2017年度)

みずほ情報総研では、「先進事例に学ぶグローバルイノベーション実践研修(2017年度) ―ビジネスモデルとオープン&クローズ戦略―」と題し、オープン&クローズ戦略の考え方を踏まえてビジネスモデルを構築し、グローバルにイノベーションを主導できる人材を育成するための、ケース教材を用いた研修を開催いたします。

IoTや人工知能をはじめとする急激な技術進歩、新興国企業やベンチャー企業の台頭などに伴い、グローバルな産業形成の主導権を巡る競争が激化しています。このような競争環境のもとでは、日本企業は従来の自前主義・垂直統合、知的財産の権利化といったイノベーションのモデルだけでは競争力を高めることはできません。ビジネスエコシステムの形成を見通したうえで、他社とのオープンな協業・標準化、知財の開放、秘匿化などを組み合わせることによって新しい市場の創出と市場シェアの向上を両立させるオープン&クローズ戦略に基づくビジネスモデルの構築が不可欠となっています。

そこで本研修では、このようなイノベーションを創出するために必要となる実践的な分析力・意志決定力向上を図ることを目的として、企業経営幹部、経営企画部門・事業部門の管理職(候補者・リーダークラス含む)の方々を主な対象とし、先進事例を題材としたケース教材を活用して、少人数グループによるディスカッションを通じて学ぶケースメソッド形式を採用して実施します。本年度の研修は、これまでの研修でニーズの高かった「ビジネスエコシステムとオープン&クローズ戦略」「ソフトウェア・ICT産業におけるオープン&クローズ戦略と知財・標準化マネジメント」「デザイン・ドリブン・イノベーション」「ビジネスモデルデザイン」「オープン・イノベーション・マネジメント」「オープン・イノベーションとマルチパーティネゴシエーション」の6つのテーマを企画しました。

このたび、ケース教材を活用した研修の受講者を募集いたしますので、奮ってご応募いただきますようお願いいたします。

  • *本事業はケース教材のさらなる活用促進を目的としており、受講者以外にオブザーバー(今後、ケース教材を活用する講師)が参加すること、講師向けの動画を撮影することについて予めご了承ください。

本研修の特徴

  • 近年の新しいイノベーションマネジメントについてケースメソッド形式を通じて実践的な分析力・意思決定力を獲得できます
  • クラスに参加する前にeラーニングの受講により基礎知識を習得できます
  • 先端のイノベーションマネジメントに精通した講師陣(大学有識者、企業出身者等)から学ぶことができます
  • 受講料は無料です

詳細、応募要領について

本研修の詳しい内容や応募に係る手続き、研修概要は以下のファイルをご確認ください。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

No. 研修テーマ 講師/概要 ケース教材
1 ビジネスエコシステムとオープン&クローズ戦略 糸久 正人
法政大学 社会学部 公共政策研究科 准教授
グリーンテクノ21
―オープン戦略で商流を構築する―
「ビジネスエコシステムのマネジメント」「オープン&クローズ戦略」等の新しいタイプの経営戦略のコンセプトについて学びます。サプライヤー、完成品メーカー、顧客等と協調しながらビジネスエコシステムを形成・主導する戦略を学びます。
2 ソフトウェア・ICT産業におけるオープン&クローズ戦略と知財・標準化マネジメント 加藤 浩一郎
金沢工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
・アドビシステムズのソフトウェアビジネス
・デジタルカメラのオープン&クローズ戦略
ソフトウェア・ICT産業における事業戦略の特徴を踏まえたうえで、ソフトウェア産業の事例、ハードウェアと融合した産業の事例の各類型におけるビジネスモデルと知財・標準化マネジメントを考察します。
3 デザイン・ドリブン・イノベーション 杉光 一成
金沢工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
ソニーのデザイン志向
―VAIOとFirst Flight―
市場創出のための「デザイン・ドリブン・イノベーション」という新しいデザイン戦略を学びます。特にデザインとイノベーションの関係性、デザイン志向の実現のための組織や開発プロセスの課題について理解を深めます。
4 ビジネスモデルデザイン(入門編)(仮称) (近日公開予定)
5 オープン・イノベーション・マネジメント 清水 洋
一橋大学 イノベーション研究センター 教授
オープン・イノベーションのための組織と戦略:GEの事例
オープン・イノベーションの基本について戦略と組織という2つの観点から学びます。オープン・イノベーションを活用して競争をマネジメントしていく重要性、「オープン」の意味について学びます。
6 オープン・イノベーションとマルチパーティネゴシエーション 二又 俊文
東京大学政策ビジョン研究センター 客員研究員
・インドにおける医療機器事業のM&A交渉
・ビデオソフトの標準化
オープン・イノベーションを実現するために近年重要性が増している多数当事者交渉をテーマとして、多数・異業種プレイヤーが登場するM&A交渉、フォーラム標準化交渉などの難易度の高い交渉を模擬交渉によって実践的に学びます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

対象者 企業経営幹部、経営企画部門、事業部門の管理職など(候補者、リーダークラス含む)
定員 各テーマとも15名程度
受講料 無料
会場 東京会場:
金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス(予定)
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル
大阪会場:
大阪工業大学梅田キャンパス(予定)
大阪市北区茶屋町1-45 OIT梅田タワー
特記事項
  • 本事業は人材育成を担う講師人材によるケース教材の活用の促進を目的としています。そのため、受講者以外にオブザーバーが参加すること、講師向けの動画を撮影することについてあらかじめご了承ください。
  • 受講者の皆さまには、研修受講後の評価にご協力をお願いします。
主催 特許庁
事務局 みずほ情報総研
  • *本研修は、特許庁請負事業「企業等における知財人材の現状と大学院レベルの当該人材育成の在り方に関する調査研究」の一環としてみずほ情報総研株式会社が実施します。

日程、受講申し込み

  • 研修テーマ、日程をご確認のうえ申込期限までにお申し込みください。1テーマから受講可能です。
  • お申し込みになる研修テーマはお間違えないようご注意ください。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

No. 研修テーマ 日程 会場 受講申し込み
1 ビジネスエコシステムとオープン&クローズ戦略 2018年1月26日 金曜日
18時30分~21時30分
東京 お申し込み
申込期限:1月19日
2 ソフトウェア・ICT産業におけるオープン&クローズ戦略と知財・標準化マネジメント 2017年12月22日 金曜日
14時~17時
東京 お申し込み
申込期限:12月18日
3 デザイン・ドリブン・イノベーション 2018年1月21日 日曜日
13時30分~16時30分
大阪 お申し込み
申込期限:1月15日
4 ビジネスモデルデザイン(入門編)(仮称) 2018年2月開催予定 東京 準備中
5 オープン・イノベーション・マネジメント 2018年1月31日 水曜日
18時30分~21時30分
東京 お申し込み
申込期限:1月24日
6 オープン・イノベーションとマルチパーティネゴシエーション 第1回:2018年1月17日 水曜日
18時30分~21時30分
第2回:2018年1月24日 水曜日
18時30分~21時30分
東京 お申し込み
申込期限:1月11日
  • *日程、会場、研修内容等は事情により変更となる場合があります。終了時刻は予定であり、若干延長する可能性があります。
  • *No.6の第1回および第2回の研修内容は異なります。両回とも受講いただくことが前提となります。

受講者の感想

  • オープン&クローズ戦略を具体例でしっかりと内容を理解することができました。また、個人での考えが、グループ討議で、より広い考え方に気付くことができました。
  • ケース教材に業界の背景や時代の状況をよく説明してあってよかったです。実際の交渉事例に基づいて内容がリアルであり、興味が湧きました。
  • 自社とは異なる業界について学びましたが、非常に刺激になりました。深く考えられた戦略に基づく経営を行っていることに感心しました。
  • 単なる座学ではなく、グループディスカッションであったこと、参加者のレベルがeラーニングによりある程度合っていたこと、講師の知識量が圧倒的で思考を深めることができたことにより、満足度が高いです。
  • ネゴシエーションのトライアルで他のチームがどのようにするのかを見て、経験できたのがよかったです。

お問い合わせ

研修に関するお問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部
担当:益田、野口、稲場
TEL:03-5281-5291

事業の趣旨に関するお問い合わせ

特許庁 総務部 企画調査課
担当:髙木、宮川
TEL:03-3592-2911

ページの先頭へ