ページの先頭です

環境省請負事業

たからの環ワークショップ ―地域循環共生圏の形成に向けて― in鳥取

2018年6月に閣議決定された第四次循環型社会形成推進基本計画では、「地域の特性に応じて、循環資源、再生可能資源、ストック資源や地域の人材、資金を活用する自立・分散型社会を形成しつつ、森・里・川・海の自然的なつながり、資金循環や人の交流等による経済的なつながりを深め、地域間で補完し合う『地域循環共生圏』を形成し、資源の循環、生物多様性の確保、低炭素化、地域の活性化等を目指す」ことが謳われています。

こうした政策目標を実現するため、環境省では、地域循環圏の高度化に向けた調査・検討を行っており、その一環として、地域循環共生圏の形成につながるシーズの掘起しおよび先行事例の紹介等を行うワークショップを開催いたします。

資源循環の活性化を検討されている地方公共団体、事業者、地域の民間団体など、ふるってご参加ください。

環境省 地域循環圏サイト(環境再生・資源循環)

開催概要

日時 2018年11月7日水曜日 13時~17時15分(受付開始 12時30分)
会場 鳥取大学 広報センター内CDL(コミュニティ・デザイン・ラボ)2階 スペースC
(鳥取市湖山町南4丁目101番地)
交通アクセス・キャンパスマップ
  • *お車でお越しの場合は、大学内の駐車場(第一駐車場)をご利用ください。サービス券をご用意いたします。
対象者 地方公共団体、事業者、大学、NPO等各種団体
参加費 無料(ただし、交通費は参加者負担となります)
定員 80名
主催 環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室
共催 鳥取県/廃棄物・資源循環研究会/鳥取大学
事務局 みずほ情報総研

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時00分~
13時05分
開会挨拶(環境省)
13時05分~
13時20分
地域循環共生圏の形成に向けて(環境省)
13時20分~
14時00分
基調講演
「自治体の廃棄物行政と地域循環共生圏」
北九州市立大学 国際環境工学部 教授 松本 亨 氏
14時00分~
14時20分
事例紹介(1)
「生ごみを肥料に・・・善循環の食品リサイクル」
因幡環境整備株式会社
14時20分~
14時40分
事例紹介(2)
「リサイクルビジネスに取組む企業を支援」
鳥取県産業振興機構 リサイクル産業事業化促進コーディネーター 岩山 悟 氏
14時40分~
15時00分
事例紹介(3)
「産学連携による地域の未・低利用資源の活用事例」
鳥取大学 地域価値創造研究教育機構 エクステンション推進室
室長・准教授 清水 克彦 氏
15時00分~
15時15分
休憩
15時15分~
15時45分
テーマ別セッション
  • *3グループに分かれて、FS事業紹介、事前アンケート結果紹介、参加者間の情報共有・意見交換等を実施していただくことを予定しています。
15時45分~
15時50分
閉会挨拶(鳥取県)
15時50分~
17時15分
<希望者のみ> 相談会 + ポスター発表(廃棄物・資源循環研究会)
  • *講師の皆様に残っていただきますので、希望者は自由にご相談ください。
  • *プログラムは、都合により変更となる場合があります。

参加申込方法

  • 申込締切:2018年11月5日 月曜日 17時
  • お申込みは、以下のいずれかの方法でお願いいたします。参加希望者多数の場合は、先着順となります。
  • *電話でのお申込みはお受けできませんのでご了承ください。

1.インターネットでのお申し込み

  • 以下の「お申し込み」ボタンから、必要事項をご記入のうえお申し込みください。

2.ファックスによるお申込み

  • 申込書に必要事項をご記入のうえ、下記ファックス番号までお送りください。

お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
担当:森岡、不破、高木
E-mail:junkan2018@mizuho-ir.co.jp
電話:03-5281-5326
ファックス:03-5281-5466

ページの先頭へ