ページの先頭です

「地方創生インターンシップ推進シンポジウム―学生と地域が輝くインターンシップの実現に向けて―」参加者募集のご案内

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局では、東京圏在住等の学生を対象に、地域企業の魅力を発信することで学生の地方還流を促す「地方創生インターンシップ事業」に取り組んでいます。

本シンポジウムでは、学生・地域にとって“学び・気づき”を得られるインターンシップとは何か、企業にとって実りのある地方創生インターンシップを実践するためにはどうすればよいのかについて、自治体、大学、コーディネート団体、企業、学生といった多くの立場から事例発表や地方創生インターンシップ推進への提言を行ってまいります。

  • *本業務は、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局からみずほ情報総研(株)に委託して実施おります。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2018年9月27日木曜日 13時30分~17時00分(13時開場)
会場 ホテルメトロポリタン仙台 コンベンションホール「千代」
(宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1)
【案内図】
定員 300名(参加希望者多数の場合は先着順)
参加費 無料
対象者 道府県・市町村の自治体ご関係者、インターンシップ推進組織ご関係者、大学・短期大学・高等専門学校ご関係者、インターンシップの実施・参加を考えている企業や学生の方、その他本テーマにご関心のある方
※「地方創生インターンシップ推進プラットフォーム」に登録いただいていない団体の皆さまもご参加いただけます。
主催 内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局

プログラム(予定)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時30分 開会
第1部
13時30分~
15時25分
内閣官房 開会挨拶・趣旨説明
施策紹介

基調講演
「これからの企業・社会が求める人材像
―学生の職業観を育み、キャリアデザインを描ける望ましい経済同友会版インターンシップの実践―」

これからの社会に求められる人材像や、企業や学生が実践的なインターンシップへ取り組む意義について、ご講演いただきます。
【登壇者】
公益社団法人 経済同友会 インターンシップ推進委員会 委員長
Office天羽 代表、TGA取締役会長、元デュポン株式会社 名誉会長
天羽稔氏

第2部
15時40分~
17時00分
事例発表
東北地方を中心に、実践的なインターンシップを実施している自治体、大学、企業、コーディネート団体等の皆さまより、お取組についてご発表いただきます。
【登壇者】
崎山健治氏(秋田県羽後町 地域おこし協力隊)
篠原靖氏(跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 准教授)
高橋美奈子氏(有限会社松島屋旅館 取締役)
渡辺一馬氏(一般社団法人ワカツク 代表理事)
インターンシップ参加学生

パネルディスカッション、質疑応答
地域で実践的なインターンシップに取り組むための工夫や成果等についてご議論いただきます。
【ファシリテーター】
パーソルホールディングス株式会社 人事本部グループ新卒採用統括責任者
佐藤裕氏
【パネリスト】事例発表者の皆さま

17時00分 閉会  

※プログラムの時間・内容等は変更することがあります。

お申し込み

  • 参加希望者多数の場合は、先着順となります。
  • お申込みは、以下のいずれかの方法でお願いいたします。

1.インターネットでのお申し込み

2.ファックスによるお申込み

以下のお申込み欄を印刷し、必要事項をご記入の上、本用紙(送信票不要)をご送信ください。

ファックス:03-5281-5443

お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当:松本、渡辺新、川上、田中
〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2-3
電話: 03-5281-5480(月曜日~金曜日 10時~17時30分)
ファックス:03-5281-5443
E-mail:local-intern@mizuho-ir.co.jp

ページの先頭へ