ページの先頭です

環境省委託事業

「企業版2℃目標フォーラム(第1回)」開催のご案内

みずほ情報総研では、環境省より受託しました「平成30年度企業の中長期排出削減目標設定や排出量算定支援委託業務」において、「企業版2℃目標フォーラム(第1回)」を開催いたします。

SBT(Science Based Targets:企業版2℃目標)やRE100(100%再エネ導入)など、脱炭素経営に意欲を持つ企業、金融機関、再省蓄サービスの提供企業が一堂に会し、脱炭素経営の意義と行動内容を共有する会となっております。YouTubeによるライブ配信も行います。皆さまのご参加をお待ちしております。

開催要旨

2015年のSDGsやパリ協定の合意以降、企業の温暖化対策は、社会課題を事業のリスク・機会として認識し、中長期のGHG削減目標を立てることが新たな潮流となりつつあります。

その中でもSBTやRE100など、既存の事業を前提とせず、社会課題に基づく野心的な目標設定が注目されています。また、このような目標設定は、自社のみにとどまらずサプライチェーン全体での削減を志向しており、多くの関連企業やステークホルダーを巻き込みながら展開が進んでいます。

環境省は、企業が2℃目標に整合した意欲的な目標を設定し、サプライチェーン全体で効果的に削減を進めることは、我が国の削減目標の達成、ひいてはパリ協定の達成に効果的と考え、SBTの策定の支援を実施しています。現在、日本企業におけるSBT認定取得は16社であり、これを2020年までに100社、RE100は50社へと拡大を目指します。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日程 2018年6月27日水曜日 14時~16時(開場13時30分)
会場 環境省 第1会議室
東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館22階
案内図
参加費 無料
主催 環境省、CDP
事務局 みずほ情報総研

プログラム(予定)

PRI(責任投資原則)議長 Martin Skancke氏から、脱炭素経営の推進に向けたスピーチをいただきます。また、脱炭素経営に意欲を持つ企業、金融機関、投資家、再省蓄サービスの提供企業から、脱炭素経営の意義と行動内容について、スピーチをいただきます。

<登壇者予定>

  • PRI(責任投資原則)議長 Martin Skancke氏
  • 中川環境大臣
  • 脱炭素経営を実践している企業、意欲を持つ企業
  • 金融機関、投資家
  • 再エネ省エネ蓄エネなど脱炭素経営のためのソリューションを提供する側の企業
  • プログラムは都合により変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライブ配信のリンク先

YouTube 環境省動画チャンネル
http://www.youtube.com/kankyosho

参加申込方法

事前登録制となっております。参加を希望される方は、電子メールにてお申し込みください。

申込期限

2018年6月15日金曜日 17時

件名

第1回企業版2℃目標フォーラム【参加希望】

  • 報道関係者の取材申し込みにつきましては、以下の件名にてご連絡ください。
    第1回企業版2℃目標フォーラム【取材希望】

申込記載事項

  • 貴社名
  • ご所属
  • 氏名
  • 氏名ふりがな
  • メールアドレス
  • お電話番号

※報道関係者の取材申し込みにつきましては、以下の項目についてもご記入ください。

  • 携帯電話番号
  • 撮影の有無、および写真または動画の別

  • *応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。
  • *お申し込み受付後、事務局より受信メールを送信いたします。お申し込み後、3営業日以上を過ぎても受信メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。
  • *受講票は、6月18日月曜日17時までにメールにて送信いたします。ご参加いただけない方には、その旨メールにてご連絡いたします。
  • *報道関係者の取材時の注意事項については、受信メール送信時に記載いたします。
  • *ご記入いただいた個人情報は、本フォーラム開催のためにのみ利用させていただきます。

お問い合わせ

中長期排出削減目標設定・排出量算定支援事務局
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部
(代行:株式会社ピーシーオーワークス)
担当:西村
E-mail:moe-forum0627@pcoworks.jp

参考

環境省報道発表資料
企業版2℃目標フォーラム(第1回)の開催について
http://www.env.go.jp/press/105584.html

関連情報

ページの先頭へ