ページの先頭です

―厚生労働省委託事業―

従業員の健康管理を通じた働きやすい職場づくりに向けて

勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム(大阪会場)

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2019年12月17日火曜日 13時30分~16時30分(13時開場)
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田(バンケット15A)
(大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル)
案内図
対象者 人事労務ご担当者様・企業経営者の方々など
参加料 無料
定員 200名
主催 厚生労働省
運営 みずほ情報総研株式会社

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時00分 開場
13時30分~
13時35分
開会・ご挨拶
13時35分~
14時05分
基調講演1「働き方改革と勤務間インターバル制度」
適正な労働時間を実現するための方策の1つに、勤務間インターバル制度があります。
最近の働き方改革の動向を踏まえながら、同制度の意義や内容、同制度導入により企業・従業員が得られるメリット等について解説いたします。
【登壇者】佐藤 道子氏(パリテ社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士)
14時05分~
14時35分
基調講演2「企業経営の改善と従業員の健康確保に必要な休息・睡眠」
従業員の休息時間を確保する必要性や、従業員の睡眠時間と生産性の関係等について、医学的な見地から最新の研究成果や事例等を基に解説いたします。
【登壇者】高橋 正也氏(独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 過労死等防止調査研究センター センター長)
14時35分~
14時45分
情報提供「勤務間インターバル制度導入に向けて」
現在、厚生労働省では「勤務間インターバル制度導入マニュアル(仮題)」を作成中です。本シンポジウムではそのエッセンスを紹介いたします。
【登壇者】みずほ情報総研株式会社 担当者
14時45分~
15時25分
事例発表「先進企業に学ぶ勤務間インターバル制度の活用方法」
すでに勤務間インターバル制度を導入している企業2社より、制度導入のねらいや具体的な制度内容、導入・運用時の工夫等について事例を発表いたします。
【登壇者】
上拾石 弘氏(株式会社SNAP SHOT 代表取締役)
岩田 秀信氏(社会福祉法人あいの土山福祉会 特別養護老人ホーム エーデル土山 介護福祉士長)
15時25分~
15時40分
休憩
15時40分~
16時30分
パネルディスカッション「勤務間インターバル制度の円滑な導入・運営に向けて」
基調講演や事例発表を踏まえ、「制度導入にあたり課題となった点と対応策」「勤務間インターバル制度の導入により企業や従業員が得られたメリット」「健康管理や生産性向上の視点から考える制度導入後の変化」等について、登壇者の皆さまにご議論いただきます。
【登壇者】
佐藤 道子氏(パリテ社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士)
高橋 正也氏(独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 過労死等防止調査研究センター センター長)
上拾石 弘氏(株式会社SNAP SHOT 代表取締役)
岩田 秀信氏(社会福祉法人あいの土山福祉会 特別養護老人ホーム エーデル土山 介護福祉士長)
16時30分 閉会
  • *プログラムは変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

お申し込み

  • 参加希望者多数の場合は、先着順となります。定員に達した場合には、お断りのご連絡をさせていただきますので、その連絡がない場合にはそのまま会場へお越しください。
  • お申込みは、以下のいずれかの方法でお願いいたします。

1 .インターネットでのお申し込み

2. 電子メール・ファックスによるお申し込み

別ページのチラシを印刷し、申し込み欄に必要事項をご記入の上、本用紙(送信票不要)をご送信ください。

お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当 :豊嶋・川上・阪野・杉田・小曽根
電話:03-5281-5276(平日10時~17時30分)
ファックス:03-5281-5443
E-mail:mizuho-roudou@mizuho-ir.co.jp
※ @を半角に変えて送付してください。

社会政策コンサルティング部03-5281-5276

ページの先頭へ