ページの先頭です

みずほビジネスイノベーションフォーラム

Mobility in a New Era:変革期を迎える移動 MaaSによる新たな社会

―MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.1.0を踏まえたMaaSにおけるデータの重要性について―

我が国では、近年、交通事業者をはじめとした民間企業を中心に、さまざまな移動手法やサービスを組み合わせて1つの移動サービスとして提供し、ワンストップでシームレスな移動を可能とするMaaS(Mobility as a Service)と呼ばれる新たなモビリティサービスが台頭しています。MaaSは、移動手段の確保・充実にとどまらず、小売・飲食等の商業、観光のほか、医療、福祉、教育、一般行政サービス等との連携により、移動自体の高付加価値化が図られ、地域交通における需要を喚起することが期待されています。

MaaSを提供するためには、交通事業者をはじめとする各主体が、それぞれ有する情報を他者が利用できる形式でデータとして整備したうえで提供等を行い、MaaSに参画する主体間で円滑に連携されることが重要となります。そこで、国土交通省では、MaaSの実現に必要不可欠なデータの連携が円滑に行われることを目的として、関係者がデータ連携を行うにあたって参照すべき事項を整理した「MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.1.0」を、2020年3月に国として初めて策定し、みずほ情報総研ではガイドライン作成に関する支援を行いました。

本フォーラムでは、ガイドラインの策定を行った国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課、および本ガイドラインの策定を推進した「MaaS関連データ検討会」の座長である東京大学大学院 情報学環 学環長・教授 越塚登氏をお招きし、ガイドラインの概要や、ガイドラインに係る検討を踏まえたMaaSにおけるデータの重要性等を紹介します。

※ 新型コロナウィルス感染拡大防止対策の観点から、オンライン開催となります。

開催概要

左右スクロールで表全体を閲覧できます

日時 2020年6月22日 月曜日 13時~15時(開場 12時45分)
会場

オンラインセミナー
※ Zoomを用いたライブ配信によるオンラインセミナーとなります。

定員 300名(事前申込制)
参加費 無料
主催 みずほ情報総研
協力 国土交通省

プログラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

13時00分~
13時05分
開会の辞
みずほ情報総研 常務執行役員 廣崎 淳
国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課 課長 重田 裕彦 氏
13時05分~
13時35分
「スマートシティからみたMaaS」
東京大学大学院 情報学環 学環長・教授 越塚 登 氏
13時35分~
14時15分
「MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.1.0」の概要
国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課 企画官 土田 宏道 氏
14時15分~
14時45分
「MaaSを支えるデータとその活用への期待」
みずほ情報総研 経営・ITコンサルティング部 チーフコンサルタント 西村 和真
14時45分~
15時00分
質疑応答
15時00分 閉会の辞
  • *プログラムは変更になる場合があります。

注意事項

  • 開催前日までにお申し込みいただいたメールアドレス宛に視聴用のURL等をお送りいたします。
  • 視聴用URL等のSNS等への掲載および共有はご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • オンラインセミナーは、インターネット経由による配信となりますので、回線状態などにより、画像や音声等が乱れる場合があります。また、状況次第では、講演を中断し、再接続して再開する場合があります。
  • インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。

参加申し込み

定員に達したため、受付を終了いたしました。お申し込みいただきありがとうございました。

お問い合わせ

みずほ情報総研株式会社 経営・ITコンサルティング部
担当:西村、西脇、羽田
電話:03-5281-5492

ページの先頭へ