ページの先頭です

今井隆太(いまい りゅうた)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

所属 サイエンスソリューション部 シニアマネジャー
専門分野 計算力学分野における数値シミュレーション、構造解析、流体解析、連成解析など
公的資格 博士(数理科学)

略歴

左右スクロールで表全体を閲覧できます

1995年4月 入社、解析技術第2部配属
1995年 日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)出向
1998年 計算科学技術研究センター
2001年 日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)出向
2004年 サイエンスソリューション研究部
2005年 エンジニアリングサービス部
2007年 サイエンスソリューション部

資格・委員等の実績

  • 独立行政法人防災科学技術研究所外来研究員(2011年度終了)
  • 日本応用数理学会学会誌「応用数理」編集委員(2010年度~2012年度終了)
  • 日本応用数理学会研究部会「産業における応用数理」研究部会幹事(2013年度~現在)
  • 日本応用数理学会代表会員(監事担当)(2016年度~現在)
  • 社団法人日本機械学会認定計算力学技術者上級アナリスト(10-SFEMs-0007号,15-VFEMs-0001,16-THFLs-0004)

主な業務実績

特許出願

  • 流体構造連成解析方法及び流体構造連成解析(特願2004-25345、特開2006-072566)
  • 材料の動的物性評価方法及びシステム(特願2008-18460、特開2009-180567)
  • 挙動解析システム、挙動解析方法及び挙動解析プログラム(特許第5405641号、特願2012-225386、特開2013-101598)
  • 非線形構造解析計算装置、非線形構造解析計算方法及び非線形構造解析計算プログラム(特許第5782008号、特願2012-238201、特開2013-101608)

最近の発表

  • Ryuta Imai, Masayuki Yamada, Koji Hada, Hiroyuki Fujiwara, A ground motion simulation coupled with an eikonal solver and its application with a decomposed isochrones formula, Geophysical Journal International, Vol.209, No.2, 784-798, 2017
  • Ryuta Imai, Masayuki Yamada, Koji Hada, Hiroyuki Fujiwara, A ground motion simulation coupled with an eikonal solver and its application with a formula using isochrones jumping intensity, 16th World Conferenece on Earthquake Engineering, paper No:0408
  • Ryuta Imai, Kei Takamuku, Hiroyuki Fujiwara, A smoothing scheme for numerical solutions of the seismic wave equation, JpGU-AGU Joint Meeting 2017
  • 今井隆太、山田雅行、羽田浩二、藤原広行、アイコナル方程式に基づく断層破壊の非一様性を考慮した理論地震動シミュレーション、応用数理、Vol.26, No.2, 2016
  • 今井隆太、山田雅行、羽田浩二、藤原広行、破壊伝播速度の摩擦構成則パラメータに対する依存性評価-動力学的断層破壊シミュレーションによるパラメトリックスタディ-、日本地震工学会年次大会2016
  • 山田雅行、羽田浩二、今井隆太、藤原広行、断層極近傍のための理論地震動シミュレーション法を用いた断層表層領域破壊時の地震動推定、日本地震工学論文集、第15巻、第2号、2015
  • Ryuta Imai, Masatoshi Nakagawa, A Reduction Algorithm of Contact Problems for Core Seismic Analysis of Fast Breeder Reactors, CMES:Computer Modeling in Engineering and Sciences, Vol.84, No.3, 253-282, 2012
  • Ryuta Imai, Masatoshi Nakagawa, Masaaki Inoue, A new reduction method for huge contact problems of FBR core seismic analysis, 30th JSST Annual Conference (International Conference on Modeling and Simulation Technology), 2011
  • Yuki Onishi, Kenji Amaya, Ryuta Imai, Meshfree Large Deformation Analysis with Modified Formulation of Floating Stress-Point Integration, 2nd International Conference on Particle-based Methods, Oct. 2011.
  • Ryuta Imai, Shuichi Ishikura, Hiroyuki Kogawa, Hiroshi Sato, Ryutaro Hino, Chuichi Arakawa, A Simulation of the Interaction Among Pressure Wave Propagation, Wall Deformation and Bubble Dynamics in a Mercury Target, International Journal For Computational Methods in Engineering Science and Mechanics, Vol.6, No.3, 215-224, 2005
  • Ryuta Imai, Shuichi Ishikura, Hiroyuki Kogawa, Hiroshi Sato, Ryutaro Hino, Chuichi Arakawa, A Simulation of the Interaction among Pressure Wave Propagation, Wall Deformation and Bubble Dynamics in the Mercury Target, Proceeding of WCCM VI in conjunction with APCOM’04, Sept.5-10, 2004, Beijing, China
  • C.Arakawa, T.Kano, R.Imai, Development of Fluid-Structure Interaction Program for the Mercury Target, Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2004-March 2005, 265-270
ページの先頭へ