ページの先頭です

コンサルティング・調査研究サービス

みずほ情報総研は、社会経済、情報通信、環境エネルギー、サイエンスの4つの領域で、各分野のエキスパートが、一歩先の未来を見つめた質の高いソリューションをお客さまに提供しています。

社会経済分野情報通信分野
環境エネルギー分野サイエンス分野

社会経済分野

世界はグローバル化の進展により、社会・経済の構造的な変革を迫られています。さらにわが国は、例を見ない急速な少子・高齢化への対応を迫られています。社会・経済の構造的な変動に対応するために、社会保障政策の重要性が増しています。みずほ情報総研は、医療・介護・健康、雇用・労働、福祉などの政策分野において、課題発見と解決策の追及、具体的な事業化の支援に取組み、国や地方自治体、関係機関等に、調査研究、コンサルティングサービスを提供しています。

情報通信分野

産業の国際競争力を維持・向上するために、情報化と技術開発は国家的なプロジェクトとして推進されています。みずほ情報総研は、国の情報化施策に関する政策提言を行うとともに、IT人材育成、ISO/IEC15408に基づくITセキュリティ評価などを通じて、情報化施策の具体化・実行の一翼を担っています。また、マルチメディア技術に関する研究開発支援や情報科学技術を用いたコンサルティングサービスを提供しています。

環境エネルギー分野

風力発電等のCDM/JIプロジェクトを支援

CO2の削減、新エネルギー開発、有害化学物質管理への対応、循環型社会の推進など、環境エネルギー分野では国際的な重要課題が山積しています。みずほ情報総研は、これら分野で業界屈指のコンサルタントを抱え、数々の国家プロジェクトで得た経験と世界的な情報ネットワークを通じて蓄積したノウハウ・情報を総合的に融合し、国や地方自治体、民間企業など幅広いお客さまにソリューションを提供しています。

サイエンス分野

マルチスケール・マルチフィジクスな課題に応えるシミュレーションソフト群

産業の発展や安全・安心な社会の構築に欠かせない科学技術。みずほ情報総研は、流体解析、構造解析、電磁気解析、材料科学などのシミュレーション技術をベースにエレクトロニクス、MEMS(Micro Electro MechanicalSystems)、バイオ・ナノテクノロジーなどの先端技術の研究・開発をはじめ、原子力分野における安全性評価、製品設計の最適化などをサポート。国や企業の研究機関に対し、シミュレーションシステムの開発、技術調査やコンサルティングサービスを提供しています。

ページの先頭へ