ページの先頭です

経費精算ソリューション Systemaflow®(システマフロー) 概要

経費精算ソリューションSystemaflowは、会計システムに依存しない経費精算システムです。紙による運用、既存システムの柔軟性やワークフロー機能に課題を抱えているお客さまにご提案します。

図1

次のような課題を解決します

1. 現金管理による課題

  • 現金管理が経営上のリスクとなっており、社員への現金支払い業務を見直したい。

2. 既存システムでの課題

  • 現在運用中の会計システムに経費精算機能が不足している。
  • 運用にあった回覧承認フローが設定できず一部紙運用になってしまうなどの非効率な運用が残っている。
  • 経理知識が無くても簡単に入力できるユーザフレンドリなシステムを探したい。
  • グループ企業への展開が難しい。機能不足、或いはシステム連携の課題がある。

3. 紙管理による課題

  • 申請書紛失や承認・入力漏れなどのリスクを回避したい。
  • 承認者の不在により遅延してしまう。遠隔地からも承認できるようにしたい。
  • 申請内容を経理担当者が改めて入力するなどの非効率な運用を改善したい。
  • とにかく紙を減らしたい。電子化したい。

稼働環境、価格

稼働環境、価格についてはワークフロー統合管理ソリューションをご覧ください。


  • *Systemaflowはみずほ情報総研株式会社の登録商標です。
  • *本内容は2012年4月現在のものです。内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

関連情報

おすすめソリューション

Systemaflowは、紙の書類での業務管理に起こりがちな課題を改善し、業務の効率化・スピード化・見える化を推進します。

Systemaflowの品質是正処置管理ソリューションは、障害や不適合に関する情報を関係者で周知・共有し、再発防止に向けて確実に機能する企業づくりを支援するソフトウェアです。

高度稟議管理ソリューションは、紙運用から電子化する際の課題を高度な機能で解決し、システム都合による運用変更のない稟議業務効率化を支援します。

お客さま事例

顧客の要望を最大限に取り入れながら商品開発に尽力する日本食研ホールディングス株式会社が2011年9月から新たに導入しているのが、みずほ情報総研の提供する「Systemaflow」を用いた品質是正処置管理ソリューションだ。

ページの先頭へ