ページの先頭です

経理トータルシステム Account Cubeビジネステンプレート(標準版) 概要

イメージ

「Account Cube (アカウントキューブ)ビジネステンプレート」は、現場での支払、経費精算、請求から、元帳・財務諸表作成、事業別の生涯収支までを繋ぎ目なくフォローした、みずほ情報総研オリジナルの経理システムです。

「現場分散入力」により情報発生源ですべての経費データ入力が可能。経理業務の働き方改革を強力に支援します。

経理業務は会社の要となるお金の情報を取り扱っている分、その情報活用が重要視されています。情報活用するために即時に正確な情報を把握したい、しかし、その分業務負担が増加し情報活用に時間を裂けない。経理部の業務負担を減らして、情報活用に力が入れられるような運用はできないか・・・。そういったお悩みのお客さまに「Account Cube ビジネステンプレート」は適しています。

「Account Cube ビジネステンプレート」では取引内容を詳細に把握している現場担当者が入力・運用する「現場分散型」の運用スタイルを追及した独自のパッケージシステムです。現場分散型の運用スタイルにすることで、経理部の業務負担が減るとともに、現場でも情報が把握できることで、現場社員の経営目線の意識向上も図れます。

Account Cube ビジネステンプレートで実現できること

左右スクロールで表全体を閲覧できます

icon01

現場入力をサポートする収支内容

「仕訳を意識せず、仕訳計上に繋がる情報をだれでも簡単に入力できる」入力画面を追求しています。

  • 現場がわかる言葉「収支内容」を選択するだけで、費用科目が決定
  • 伝票日付と計上年月の大小関係をもとに、前払/未払が自動セット

icon02

事業別での会計期間にとらわれない収支管理

事業別損益の生涯収支管理が可能です。

  • 事業に階層構造を持たせることが可能
  • 最下層事業を一つ選択するだけで様々な切り口で情報を把握
  • 会計期間に囚われることなく、事業別生涯収支の管理が可能

icon03

充実した予実管理支援機能

予実管理の推進には「予算立案(Plan)」「予実差異確認(Check)」の機能が重要です。現場にて目標達成に向けた対応策が検討できるため、経営目線の意識向上が図れます。

  • 「期初予算」「見直し予算」「着地見込み」など複数予算の管理が可能
  • 現場でも入力しやすい予算登録機能と、豊富な予実管理帳票を用意
ページの先頭へ