ページの先頭です

メディア・コンテンツ業種向け経理トータルシステム Account Cubeビジネステンプレート 概要

イメージ

「Account Cube (アカウントキューブ)ビジネステンプレート」は、現場でのギャランティー支払、経費精算、請求から、元帳・財務諸表作成、個別番組・コンテンツ別の生涯収支までを繋ぎ目なくフォローした、みずほ情報総研オリジナルの経理システムです。

メディア・コンテンツ業界特有の業務に特化しているからこその、各社さまにフィットするシステムを提供します。

メディア・コンテンツ業界においては、放送日基準による費用計上や出演者や権利者に対するギャランティー支払等、業界特有の複雑な会計処理が求められています。そのため、汎用的な会計システムでは自社にフィットするものが見つからないというお悩みをよく聞きます。

「Account Cube ビジネステンプレート」はそういった業界独自業務にフィットした機能に特化し、映画、ラジオ、テレビ、番組制作会社など、主としてコンテンツを扱う企業さまの実績が豊富にあります。そういった経験が豊富にあるからこそ、業界各社さまにフィットしたシステムを構築・導入できます。

Account Cube ビジネステンプレートで実現できること

左右スクロールで表全体を閲覧できます

icon01

業界特有の業務に特化したギャランティー支払機能

ギャランティー支払機能を標準装備しており、機能も使いやすさを追及しています。

  • タレント・権利者からプロダクション・団体などの支払先への逆引き機能
  • 源泉区分ごとの源泉税計算、手取り額から支払額への逆算機能
  • 支払通知書、支払調書の発行はもちろん、支払先以外への支払調書送付も可能

icon02

会計期間にとらわれない番組・コンテンツごとの生涯収支管理

番組・コンテンツ別損益の生涯収支管理が可能です。

  • 番組・コンテンツは、事業や分類など複数階層が登録でき、様々な切り口で分析可能
  • 番組・コンテンツに紐付けておくことで、会計期にとらわれない生涯収支を把握
  • 現場の予算項目による番組・コンテンツ別予算の登録、予実管理が可能

icon03

放送日基準など業界特有の計上基準に対応した仕掛精算管理

放送日基準などにあわせて計上予定の設定・変更が可能です。

  • 放送日基準などの業界特有の計上基準にて、自動的に費用振替をスケジューリング
  • 起票後に放送日など計上基準が変更しても、番組・コンテンツごとに一括して計上予定を変更することが可能
  • 未精算一覧や計上予定など豊富な番組・コンテンツ別の帳票を用意

関連情報

おすすめソリューション

「給与計算アウトソーシングサービス」は月々の変動データを報告するだけで、1.給与計算 2.賞与計算 3.差額計算 4.社保計算 5.年末計算 6.給与(賞与)振込 7.地方税納付を実施、お客さまの事務省力化を実現します。

マイナンバーを安全に管理し、マイナンバー運用に必要な「収集」「保管」「利用」「廃棄」の一連の業務をサポートします。

ページの先頭へ