ページの先頭です

品質是正処置管理ソリューションSystemaflow®特長・効果

一般的にパッケージソフトウエアは短期・低コストでの導入や、他社のノウハウを取り入れられることが期待できる反面、柔軟性や拡張性の低さが問題になることがあります。
Systemaflow®は、パッケージの長所はそのままに、高い柔軟性と拡張性も提供。業務適応度の高いソフトウエアです。

品質是正処置管理ソリューションSystemaflow® の特長

1. 短期間・低コストで導入できます

パッケージソフトウェアの最大の長所である短期間での導入を実現。しかもみずほリサーチ&テクノロジーズのノウハウが凝縮された品質是正処置管理テンプレートを活用することで、低コストでの導入が可能です。

2. 企業ごとに異なる管理体系に合わせて柔軟に拡張できます

  • 「ユーザ設定」により、次のような変更がお客さま自身で容易に設定できます。
    • 管理項目の見直し
    • 報告画面のデザイン編集
    • 台帳の拡張
    • 報告書のデザイン編集
  • 報告ステップ数に制限がないので、自由な設定を行い、さまざまな業務フローに対応させることができます。
  • 各報告ステップでの関係者への報告メールや、承認回覧の有無、報告書作成など、お客さまの業務にぴったりと合わせた設定が可能です。

3. 離れた拠点や、関連企業との情報連携はMicrosoft® Excel®で行えます

拠点間や関連企業間の情報連携にも柔軟に対応

品質是正処置の関係者は、ネットワーク上の社員だけとは限りません。
セキュリティーポリシー等の理由によるシステム非連携はつきものですし、出張中の社員、海外拠点、あるいは関連企業から報告を受けるケースなども想定されます。
さまざまなケースに備え、Systemaflow®は、Excel®による情報連携機能を備え、データアップロードに対応しています。Systemaflow®システムへのアクセスが不可能なユーザには、メール等で Excel®報告書を送らせてアップロードすればよいため、二重入力の手間やミスを防止できます。

4. 外部(他社)の異なるフォーマットの報告書も、取り込み・出力が可能です

外部(他社)から異なるフォーマットの不適合報告書も取り込み可能

Systemaflow®は複数のフォーマットにも柔軟に対応します。
たとえば、取引先A社とB社では不適合報告書のフォーマットが異なるというケース考えられます。
Systemaflow®なら「ユーザ設定」で、異なるフォーマットでも取り込むことができるように設定できます。また、報告書をアウトプットする場合も「ユーザ設定」により、A社とB社のフォーマットを作り分けられます。

品質是正処置管理ソリューションSystemaflow® の導入効果

1. 運用開始後の、システム改変・保守コストも抑制できます

「ユーザ設定」で画面や管理項目を簡単に拡張できるので、システム改変・保守コストも抑制できます。

2. 品質是正処置業務を確実に定着化できます

進捗の可視化により、不適合発生から改善確認までの品質是正処置業務を確実に定着化させます。

3. リアルタイムに情報共有ができます

組織を超えてリアルタイムに情報共有ができ、品質是正処置活動のサイクルがスピードアップします。

4. 効率的なデータ分析ができます

再発予防処置や、品質向上のためのデータ分析業務を効率化できます。

  • *「Systemaflow/システマフロー」はみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社の登録商標です。
  • *Microsoft® Excel®は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

関連情報

おすすめソリューション

Systemaflowは、紙の書類での業務管理に起こりがちな課題を改善し、業務の効率化・スピード化・見える化を推進します。

Systemaflow経費精算ソリューションは、会計システムに依存しない経費精算システムです。紙による運用、既存システムの柔軟性やワークフロー機能に課題を抱えているお客さまにご提案します。

お客さま事例

顧客の要望を最大限に取り入れながら商品開発に尽力する日本食研ホールディングス株式会社が2011年9月から新たに導入しているのが、みずほリサーチ&テクノロジーズの提供する「Systemaflow」を用いた品質是正処置管理ソリューションだ。

ページの先頭へ