ページの先頭です

.NET対応マルチ通信基盤ソフトウェア EIB™ 概要

EIBは、E30 GEM、GEM300、およびInterface-A(EDA) SEMI規格群に準拠した通信機能を半導体製造装置に実装することが出来る、装置組込型パッケージソフトウェアです。 装置オンライン時に求められる主要な通信機能を統一環境で実装することができます。

特徴

左右スクロールで表全体を閲覧できます

PEER社 次世代通信基盤ソフト

GWGEM、ConX開発で培ったノウハウを元に開発されたソフトウェア

  • PEER社の次世代通信基盤ソフトウェアとして開発
  • 従来製品で未対応の規格(PV2)、64bit環境へ対応
GEM/SECS/GEM300規格対応

SECS/GEM, GEM300に関連するSEMI規格に対応するソフトウェア

  • E4, E5, E30, E37, E39, E40, E87, E90, E94
EDA関連SEMI規格対応

EDAに関連する各種のSEMI規格に対応するソフトウェア

  • E120, E121, E125, E128, E132, E134
OPC, .NET, COMなど多様なプロトコル対応

装置やサードベンダーデバイスとの接続は多様なプロトコルが利用可能

  • 使い慣れたプロトコルによる開発が可能
  • 各プロトコルに対応したサンプルが付属
.NET Framework対応

Microsoft .NET Frameworkを使用して構築

  • .NETの開発環境でC#、VB、C++、J#など各種の言語で開発可能
マルチコネクション対応

複数の通信先(ホスト、ECS、EDA Client)との接続をサポート

  • 装置内通信システムを統合するインターフェースの開発が可能

次のようなお悩みを解決します!

左右スクロールで表全体を閲覧できます

マーク1 【課題】
エンドユーザよりGEM/GEM300への対応を要求されており、通信ソフトの導入を検討している。現時点では必要ないが、将来的にはEDAにも対応できるようにしておきたい。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

マーク2 EIBはGEM/GEM300/EDAに対応しています。導入に際してはGEMのみ、GEM/GEM300のみ使用するといった形で、必要な機能を絞って導入・実装することが可能です。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

マーク1 【課題】
既に開発、出荷済みの装置通信ソフトがある。
出来るだけ既存の開発資産を活かした形でソフトの刷新を行いたい。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

マーク2 EIBは.NET Frameworkベースの言語だけでなく、純粋なC++にも対応しております。
既に開発済みのC++コードを出来るだけそのまま活用したい場合は、C++ベースで開発を行うことが可能です。

関連情報

おすすめソリューション

SECSIM Pro+ は、半導体製造装置や工場ホストシステムに実装されるSECS・HSMS(SEMI半導体装置通信スタンダード)通信機能のテストやデバッグができる通信シミュレートソフトウェアです。

PFATは、半導体製造装置に実装されるE30 GEM、GEM300、HSMS通信機能や通信シナリオテストの他、装置の内部保有データまで評価可能な装置総合テストツールです。

ConX300は、GEM300 SEMI規格群に準拠した通信機能を半導体製造装置に実装することが出来る、装置組込型パッケージソフトウェアです。

GWGEMは、E30 GEM規格に準拠した通信機能を半導体製造装置に実装することが出来る、装置組込型パッケージソフトウェアです。

GWGEMは、E30 GEM規格に準拠した通信機能を半導体製造装置に実装することが出来る、装置組込型パッケージソフトウェアです。

ページの先頭へ