ページの先頭です

IT人材に関する調査・コンサルティング 概要

IT人材の育成は、わが国における重要な政策課題となっています。みずほ情報総研は、この分野における豊富な実績に基づき、公的機関やIT企業、教育機関などの問題意識に応える調査・事業成果を提供します。

日本の強さを生み出すIT人材

国の産業競争力を左右するIT産業

現代社会は、ITによって支えられています。今や、どんな産業においても、ITは必要不可欠な存在です。そのため、他の産業に対して、ITを活用した製品やサービスを提供しているIT産業は、きわめて重要な役割を担っています。
このような役割の大きさから、IT産業は、今では国の競争力の基盤と考えられています。他の産業を支えるIT産業の発展は、未来においても日本の産業が強くあり続けるための条件なのです。

IT産業発展のカギを握る人材の育成

工場などの大規模な設備投資が要らないIT産業では、「人材」こそが、製品やサービスの付加価値を生み出す源となっています。 つまり、産業で働く人材の能力やスキルが、そのまま産業の競争力に直結しているともいえます。こうした産業の性質から、IT産業における人材の育成や動向把握は、重要な政策課題の一つとされています。

みずほ情報総研は、この分野における豊富な実績と知見に基づき、IT人材の育成をミッションとする公的機関の政策課題への取り組みやIT企業・教育機関のさまざまな取り組みを支援しています。

調査対象・テーマ

みずほ情報総研では、IT人材に関する以下のようなテーマに取り組んでいます。
  1. *詳細な実績については、上記の「概要」「実績」のうち、「実績」ページをご覧ください。

1.IT人材育成政策に関する調査・事業

IT人材の重要性が広く認識されている昨今では、公的機関が、さまざまな角度からIT人材の育成に取り組んでいます。公的機関が、こうした施策を実施するにあたっては、対象となるIT人材に関する実態・動向の把握や課題の明確化が不可欠です。みずほ情報総研は、公的機関が施策を立案する際に必要な情報を収集するための調査や、実際に施策を実施する際の各種委託事業に取り組んでいます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ・実績例
IT人材動向
  • 国内におけるIT人材の規模や職種構成を把握する基盤調査
  • オフショア開発の進展が国内IT人材に与える影響に関する調査
  • 海外のIT産業・企業や人材の状況に関する調査
IT人材に関する制度設計
  • IT人材の公的認定や試験制度に関する調査
  • IT人材の認定制度におけるITスキル標準の活用に関する調査
  • ITスキル標準に基づく標準カリキュラム策定事業
IT人材に関する政策効果分析
  • 公的機関の施策に対する企業側の評価を把握する調査
  • 公的機関の支援事業に関する継続状況調査
  • 公的機関の施策効果に対する分析・提言

2.産業界のIT人材育成に関する調査・事業

IT人材はIT産業の要です。そのため、IT人材を抱える企業では、人材をどのように育成するかが、常に大きな課題となっています。みずほ情報総研では、企業内のIT人材の育成状況を把握するための調査のほか、産業界全体として、若手人材にキャリア目標を示すためのキャリアパス事例調査や、IT産業の就業人気を把握するための調査など、さまざまな調査を行っています。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ・実績例
IT企業の人材育成
  • 企業内での人材の評価・認定に関する調査
  • ハイレベルな人材のキャリアパスに関する調査
  • IT産業の就業人気調査/就業人気向上支援

3.教育機関でのIT人材育成に関する調査・事業

IT人材の育成は、企業だけではなく、企業に入る前の段階である教育機関においても、重要な課題となっています。特に、近年、企業を取り巻く環境が厳しさを増す中で、教育を専門とする教育機関が果たす役割に対して、IT企業から大きな期待が寄せられています。こうした期待に応えるために、公的機関は、さまざまな施策を実施しています。みずほ情報総研では、これらの取り組みの立案・実施にあたっての各種調査や委託事業等を実施しています。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ・実績例
教育機関の人材育成
  • 教育機関から産業界に輩出される情報系専攻者の動向調査
  • 教育機関の情報系カリキュラム内容に関する調査
  • 情報系学科教員のファカルティ・ディベロップメント(FD)に関する調査
情報系分野の産学連携
  • IT企業と教育機関の産学連携教育を促進する実証事業
  • 産学連携教育の制度的課題に関する分析・提言
  • 産学連携教育の継続状況に関する調査

お問い合わせ

担当:経営・ITコンサルティング部
電話:03-5281-5430

ページの先頭へ