ページの先頭です

情報通信産業政策に関する調査・産業ビジョン策定 概要

情報通信産業は、現代社会の中核産業の一つとなっています。みずほ情報総研は、情報通信産業の実態や課題を明らかにしたり、今後進むべき産業の方向性を示すための調査研究や各種事業等を実施しています。

情報通信産業・市場動向

~ 政策の立案・実施のために、産業・市場の動きや課題を把握する

産業政策の立案・実施にあたっては、対象となる産業や市場の動向把握が不可欠です。みずほ情報総研では、情報通信産業に関する長年の調査実績に基づき、政策課題の解決に資する成果を提供します。

*各テーマの詳細な実績については、上記の「概要」「実績」のうち、「実績」ページをご覧ください。

情報通信産業・市場動向

情報通信に関する技術動向

~ 新しいサービスや市場を生み出す先端技術を分析する

情報通信産業は、先端技術の開発によって、日々進歩しています。産業の動向を把握するためには、このような先端技術の動向を把握することも重要です。みずほ情報総研では、異なる専門性を有するコンサルタントが連携し、幅広い技術調査を手がけています。

情報通信に関する技術動向

情報通信に関する人材動向

~ 産業を支える人材を育成する

情報通信産業では、技術に加えて、人材も重要な役割を担っています。みずほ情報総研は、情報通信産業を支えるIT人材に関連する分野において、豊富な調査・事業実績を有しています。 

※ 詳細については、「IT人材に関する調査・コンサルティング」のページをご覧ください。

産業ビジョン・戦略提言

~ 現状分析と将来予測に基づき、産業が今後進むべき方向を示す

産業の進歩・発展のためには、産業自身が今後目指すべき目標を「産業ビジョン」などの形で示すことが重要です。みずほ情報総研では、公的機関や業界団体が情報通信に関連する産業ビジョンを策定する際に、その取り組みを全面的にサポートします。

産業ビジョン・戦略提言

お問い合わせ

担当:経営・ITコンサルティング部
電話:03-5281-5430

ページの先頭へ