ページの先頭です

行政情報システムの調達支援コンサルティング 概要

行政機関における最適な情報システムの調達、および調達プロセスの公平性・透明性確保にむけて、要求仕様書の作成や業者選定といった調達段階でのコンサルティングサービスをご提案します。

問題認識

  • 業務の効率性・有効性を確保した情報システムを調達するためには、公募関連資料において、調達する情報システムの諸条件を明示し、構築事業者等に発注側の意図を的確に伝えることが必要不可欠です。
  • 情報システムの調達では、安値受注の後、運用・保守や更改に高額な費用を要求されるケースも散見されます。パッケージシステムを有効活用し、カスタマイズを極小化して運用・保守費用を抑えることや、調達時にライフサイクル全般のコストを考慮し、調達の公平性・透明性を高めることが求められています。

ご提案ポイント

  1. 1.情報システムの企画段階で十分に業務改善(BPR)の検討が行えなかった場合にも、一般的なパッケージシステムの動向や先行事例をふまえつつ、当社のコンサルティング実績から得たノウハウを活用し、業務改善方針や、業務改善を念頭においた機能要件をご提案できます。
  2. 2.行政情報システム導入・運用ガイドライン策定にかかる支援実績を基に、各自治体の調達方法の慣例や特性もふまえて、公募関連資料(要求仕様書、公募資料、業者選定基準等)を提案型で作成します。これにより、協力をいただく職員の負荷を最小限に抑えながらも、質の高い成果物を作成することが可能となります。
  • *本ご提案は自治体を例に解説していますが、同様の手法を府省庁および独立行政法人等にも適用可能です。

サービス概要

要求仕様書作成支援

  • 対象業務の全体像や調達方針の意識合わせを行ったうえで、現行の業務・システムの実態や課題・問題点を明らかにし、業務改善方針を抽出します。
  • パッケージシステムや先行事例の調査、予算化支援なども行ったうえで、調達する情報システムが満たすべき要件を洗い出し、要求仕様書としてとりまとめます。

業者選定支援

業者選定シナリオを検討したうえで、公募資料(提案依頼書、各種様式等)や業者選定基準、評価用ワークシートといった関連資料一式を作成し、調達プロセスの一貫性を確かなものとします。

業務の進め方

一般的な業務手順とアウトプット例を以下に示します。価格および実施期間は、対象となる業務・システムの範囲、実施規模、成果物の段階等により異なりますのでご相談ください。

業務の進め方(イメージ)

業務の進め方(イメージ)

お問い合わせ

担当:経営・ITコンサルティング部
電話:03-5281-5430

ページの先頭へ