ページの先頭です

社会保障分野

社会保障分野における政策立案支援ソリューションを紹介しています。

社会保障政策が大きな転換期を迎える今日、医療において根拠に基づいた医療(EBM:evidence-based medicine)が普及・定着しつつあるように、政策の立案に際して、説明責任が強く求められるようになっています。また、高齢社会を支えるインフラストラクチャーとして、医療・介護サービスが効果的かつ効率的に提供される仕組みづくりが求められています。

少子高齢化や労働市場の変化に伴い、福祉ニーズの多様化・高度化が進んでいます。当社は福祉にかかるニーズやテーマを多面的、複合的にとらえ、福祉政策に関するコンサルティングを行います。

年金・社会保障の分野を中心に、経営工学・経営科学の手法を用い、政策判断・意思決定に必要な情報を実データから導くための調査研究、市場調査、コンサルティング、データ分析など幅広いサービスを提供しています。

医療、介護、福祉、年金など各分野における経営・サービス・利用実態の定量的把握から課題発見、分析・シミュレーションによる解決策の追及といった一連のプロセスを通じて、根拠をもった政策立案(EBP:エビデンス・ベースド・ポリシー)を支援します。

高齢化が進む中で、成長分野として注目される産業として医療に着目し、その活性化と振興を支援します。

ページの先頭へ