ページの先頭です

知的財産政策コンサルティング 概要

みずほ情報総研は、国や地域・自治体の知的財産政策(知的財産戦略、知的資産経営、地域ブランド、知財人材育成、模倣品・海賊版対策、国際標準化、イノベーション等についての政策)の立案・推進を支援します。

みずほ情報総研は、国や地域・自治体の知的財産政策を支援します

国内市場の縮小と新興国市場の急成長、技術のコモリティ化・モジュール化を受けて、我が国の企業や大学を取り巻く経営環境は急速に変化しています。

こうした中で、資源に限りのある我が国は、人が生み出すチエやワザ、すなわち「知的財産」を活用し、新しい産業の形成や価値(収益)につなげていくことが重要になります。

我が国では「知的財産立国」に向けた取り組みが官民一体となって進められてきましたが、近年の論点は「グローバル知的財産戦略」、「IoT・AI・クラウド等の新技術を活用するための知財戦略」、「標準化戦略と知財戦略との融合」、「営業秘密のマネジメント」、「オープン&クローズ戦略」など、イノベーションの変化とともに政策横断的な広がりを見せています。

今後は産業政策全体の中で知的財産政策が他の政策と有機的に連動していくためのマクロな視点と、企業や大学等のプレイヤーの新しいイノベーションを進めるためのニーズを汲み取るミクロな視点が求められるでしょう。

みずほ情報総研は、これまでに蓄積した官公庁向けの知的財産政策コンサルティング実績、民間企業向けの知的財産戦略コンサルティング実績をもとに、多様な専門分野のコンサルタントがシナジーを発揮しながら、国や地域・自治体の政策立案・推進を支援することにより、知的財産が活用され、持続的に価値を生み出す社会づくりを支援します。

ページの先頭へ